スポンサーリンク

「老害」と「ベテラン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「老害」と「ベテラン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「老害」「ベテラン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「老害」とは?

正直なところ、「老害」には、あまり良い意味はありません。

否定的な意味合いで使用されることが多く、その意味は、企業などで高齢化が進んだ結果、企業などに多くの年配者が残り、そして、うまく世代交代が行われていない状態。

そして、それによって、うまく企業などが回っていかない状態を意味しています。

つまり、「老害」によって、若いものが育たない、嫌な思いをしている、高齢者による行動、意見、考えによって、高齢者が迷惑をかけている、といった意味として用いられる言葉となります。

「老害」の使い方

「老害」の使い方としては、あまり、良い意味での使い方はありません。

使い方としては、「老害になる」「老害にはなりたくない」「老害と呼ばれる」「老害とは呼ばれたくない」、などとなります。

「ベテラン」とは?

「老害」に比べ、良い意味として使用されることが多い「ベテラン」

「ベテラン」の意味としては、経験が豊富、技術力が優れている、特化している、人を指し、「ベテラン」の人によって、企業運営などがうまく回るといった意味として用いられる言葉となります。

ただし、時には皮肉として「ベテラン」という言葉が使用されることがあります。

ただし、この場合でも「老害」のような悪い意味はさほどありません。

「ベテラン」の使い方

「ベテラン」の使い方としては、良い意味で使用されることが多くなります。

そのため、「ベテランさん」など「さん」をつけて使用されることもあります。

そのほか、「ベテラン社員」「ベテランスタッフ」「ベテラン世代」「ベテラン扱い」などとなります。

「老害」と「ベテラン」の違い

以上のように「老害」「ベテラン」には、同じ時をかけ身に着けた技術や経験においても、そう呼ばれる内容に大きな違いがあります。

「老害」の場合、邪魔な扱いを受けることに対し、「ベテラン」の場合は、今までの経験や技術に対し重宝されるものとなります。

そのため、同じ年齢であっても、「老害」と呼ばれるか「ベテラン」と呼ばれるか、においては、非常に大きな違いがあると言えます。

「老害」の例文

・『老害と呼ばれないために、部下にはできるだけ優しく接するようにしている。』

・『自分も年を取ると、あの人のように老害といわれるのかと思うと気が重くなります。』

・『あの上司は、自分が老害になっているとは、まったく思っていないようだ。』

・『老害と陰口を言われる前に退職することが私の希望です。』

「ベテラン」の例文

・『ベテランの先輩との仕事は安心できます。』

・『ベテラン社員から色々なことを教わることができ光栄です。』

・『私も早くベテランと言われるように成長したいと思っています。』

・『ベテランだからと言って、必ずしも仕事ができるとは限らない。』

まとめ

以上が、「老害」「ベテラン」の違いです。

同じ年の取り方でも、「老害」「ベテラン」には大きな差があることがわかったことと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典