スポンサーリンク

「考察」と「結論」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「考察」と「結論」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「考察」「結論」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「考察」とは?

「考察」とは、物事を明らかにするために調べて考えることを指す言葉です。

例えば、何かの実験を行った場合に、その実験のデーターや結果を分析し、結果がどういうことを意味するのかを客観的に考える事を指す言葉と言えます。

これは何も科学技術的な事項に限った事ではなく、ビジネスにおけるマーケティングや、経営改善等においても使われます。

分析に必要な様々なデーターを収集し、それを整理分析した結果をベースに、なぜこんな結果となっているのかを客観的に「考察」し、改善へとつなげていくのです。

こうした場合には、集めたデーターを解析や「考察」を加える事で、課題を浮き彫りにしている過程だとも言えます。

「結論」とは?

「結論」とは、考えたり論じたりして最終的な判断をまとめること、及びその内容を指す言葉です。

「考察」とは?の項での科学技術の例の場合、冒頭に検証や明確化したい目的があり、その目的に必要な実験を行い、そのデーターを整理・解析して結果をまとめます。

そして「考察」を加える事で、当初の目的に対してどういう事が言えるのか、仮説を立てていたなら、その仮説が正しかったのか等の「結論」を導き出すのです。

またビジネスの例では、収集したデーターを整理・解析し、結果を導きます。

その上で「考察」を加えて課題ポイント等を浮き彫りにします。

そして最後に目的であるマーケティングや経営改善ポイントの提言を導き出すのです。

「考察」と「結論」の違い

「考察」とは、物事を明らかにするために調べて考えることを指す言葉です。

一方の「結論」とは、考えたり論じたりして最終的な判断をまとめること、及びその内容を指す言葉です。

従って、2つの言葉はいずれも目的・実験や調査・結果・考察・結論と言う論理的な思考に関する用語ですが、その異なるステップを指す言葉だと言えるのです。

また2つの言葉の関係性は、論理的な思考ステップにおいて、結果と「結論」を繋ぐ部分が「考察」だと言い換える事も出来ます。

ただし、ビジネスのプレゼン等では、目的の後に「結論」を提示し、そこに至った収集したデーターや、れを解析して得られた結果と「考察」をその後に示し、内容を理解しやすくする等の工夫がされる事も少なくありません。

しかしその場合でも、目的から「結論」に至る論理展開としては、先に記載したステップを踏んで行われる事に違いはありません。

まとめ

「考察」は、物事を明らかにするために調べて考えることを指す言葉で、一方の「結論」は、考えたり論じたりして最終的な判断をまとめることを指す言葉です。

2つの言葉は、目的・実験やデーター収集や整理・結果・「考察」「結論」の論理的ステップにおける異なるステップを表す言葉と言えます。

また2つの言葉の関係性から、「考察」は結果と「結論」を繋ぐ、考えを練ってまとめるステップだと言い換える事も出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典