スポンサーリンク

「耳を貸す」と「耳を傾ける」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「耳を貸す」と「耳を傾ける」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「耳を貸す」「耳を傾ける」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「耳を貸す」とは?

「耳を貸す」「みみをかす」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「相手の言うことを聞いてあげる」という意味で、「相手の忠告に耳を貸す」などと言います。

「耳を傾ける」と似ていますが、「耳を貸す」の場合、相手から直接何か言われた時に、それを受け入れるというニュアンスがあります。

2つ目は「相談に乗る」という意味で、「パソコンの操作方法が分らないんだけど、ちょっと耳を貸してよ」などと言います。

上記に共通するのは「相手の気持ちを受けとめて話を聞く」という意味です。

「貸す」「自分の物を相手に使わせる」という意味の他に、「能力・労力などを他人に提供する」という意味もあります。

つまり、「耳を貸す」は比喩的表現であり、「他人の為に話を聞いて自分の時間を使う」という意味なのです。

「耳を傾ける」とは?

「耳を傾ける」「みみをかたむける」と読みます。

意味は「注意して聞く、熱心に聞くこと」です。

相手の話に集中して、しっかりと理解しようと聞くというニュアンスがあります。

「傾ける」「物を斜めにする」という意味の他に「力や注意などをあるものごとに集中させる」という意味があります。

「耳を傾ける」も比喩的表現で、「相手に敬意を持ち、熱心に話を聞く」と言う意味です。

「耳を貸す」と「耳を傾ける」の違い!

「耳を貸す」「相手の言うことを聞いてあげる」「相談に乗る」ことです。

「耳を傾ける」「注意して聞く、熱心に聞くこと」です。

まとめ

今回は「耳を貸す」「耳を傾ける」の違いをお伝えしました。

「耳を貸す」「話を聞いてあげる」「耳を傾ける」「熱心に聞く」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典