「職人」と「作業」違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「職人」と「作業」違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「職人」「作業員」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「職人」とは?

「職人」の意味と使い方について紹介します。

「職人」の意味

「職人」「しょくにん」と読みます。

意味は、「自らの知識や経験、技能を生かして物を作り上げる人のこと」です。

「職人」の使い方

「職人」は、仕事する時に、今まで自分が身に付けてきた知識や経験、技能を生かして、より高い品質のものを作ろうとする人のことを言います。

自分の為ではなく、使う人のことまで考えながら作業ができて、簡単に妥協はせず、常に自分の持つ最高のレベルで仕事する人です。

「職人」は、現場では現場では「作業員」と呼ばれますが、「作業員の中でも特に高い技術を持ち、それを生かして顧客満足度の高い仕事が出来る人」に対して使われます。

但し、頑固であったり愛想が悪いなど、性格的に固いイメージもあります。

「作業員」とは?

「作業員」の意味と使い方について紹介します。

「作業員」の意味

「作業員」「さぎょういん」と読みます。

意味は、「各種物作りや工事などに従事する人のこと」です。

「作業員」の使い方

「作業員」は、様々な現場で直接労働する人のことを言います。

工事現場や建築現場、工場や工房などにいる人達のことを言います。

「作業員」は基本的に、与えられた条件の元で、当たえられた仕事をこなします。

何時までに仕上げるという条件を守り、一定のレベルで仕上がる様に労働するのです。

知識や経験、技能がなくても、マニュアルに従ってきちんとできれば問題ありません。

その仕事として与えられた目的を果たす為に、一生懸命働く人を表します。

「職人」と「作業員」の違い!

「職人」「自らの知識や経験、技能を生かして物を作り上げる人のこと」です。

「作業員」「各種物作りや工事などに従事する人のこと」です。

まとめ

今回は「職人」「作業員」の違いをお伝えしました。

「職人は高い品質に仕上げる人」「作業員は規定通りに仕事する人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典