「育てやすい子」と「育てにくい子」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「育てやすい子」と「育てにくい子」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「育てやすい子」「育てにくい子」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「育てやすい子」とは?

「育てやすい子」の意味と概要について紹介します。

「育てやすい子」の意味

「育てやすい子」とは、「母親が育児ストレスをほとんど感じない子供のこと」です。

「育てやすい子」の概要

「育てやすい子」は、母親が育児ストレスを全く、或いはほとんど感じることなく育てられる子供のことを言います。

具体的には、乳幼児の時には「夜泣きをしない」「外出時にぐずらない」「一人で遊べる」、幼稚園から小学校では「お友達と仲良く遊べる」「親の言いつけをよく聞く」などです。

但し、性格的にのんびりしている子供もいれば、親に愛されたいからと自分の欲求を我慢している子供もいます。

後者の場合、成長してから反抗期が酷かったり、性格的な問題が発覚することもあります。

「育てにくい子」とは?

「育てにくい子」の意味と概要について紹介します。

「育てにくい子」の意味

「育てにくい子」とは、「母親が育児ストレスを感じる子供のこと」です。

「育てにくい子」の概要

「育てにくい子」は、母親が「接し方が分らない」「どうやっても言うことを聞いてくれない」など、育児ストレスを感じてしまう子供のことを言います。

乳幼児の頃には「夜泣きが酷い」「すぐに熱を出す」「外出先でぐずる」、幼稚園から小学校では「すぐにケンカする」「言いつけを守らない」「嘘をつく」などがあります。

但し、「育てにくい」は親の都合で、思い通りになって欲しいというエゴも含まれているのです。

「育てやすい子」と「育てにくい子」の違い!

「育てやすい子」「母親が育児ストレスをほとんど感じない子供のこと」です。

「育てにくい子」「母親が育児ストレスを感じる子供のこと」です。

まとめ

今回は「育てやすい子」「育てにくい子」の違いをお伝えしました。

「育てやすい子は手間がかからない子」「育てにくい子は手間がかかる子」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典