スポンサーリンク

「胴体着陸」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「胴体着陸」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「胴体着陸」の意味を分かりやすく説明していきます。

気になる言葉を正しく学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「胴体着陸」とは?意味

胴体着陸とは、ジャンボジェットなどの飛行機が、胴体の部分をこすり付けるようにして着陸すること。

予期せぬハプニングで、異常な状態で着陸することをあらわします。

ニュースでも異常事態として扱われる、事故のひとつになります。

胴体着陸は飛行機に不具合があって前輪が出ないとき、降着装置システムが壊れてしまったときに実施されます。

いわゆる「想定外のこと」が起きた場合に発生します。

胴体着陸は飛行場などの陸地で起こることもあれば、海などの海上でおこなわれる場合もあります。

胴体着陸すると、飛行機の本体が滑走路とこすれるので非常に大きな摩擦がうまれます。

そのため条件が悪いと、大きな火災が起こります。

そのためやむを得ずに胴体着陸しなくてはいけない時は、あらかじめ路面に消火剤を撒いて火事を防ぐこともあります。

「胴体着陸」の概要

胴体着陸はジャンボジェットなど、飛行機の事故でつかわれる言葉です。

ただ最近では飛行機以外にも「グライダーによる胴体着陸」も目立っています。

グライダーはスカイスポーツのように、空を舞う小型飛行機のこと。

気軽にパイロット気分を楽しめるので、ライセンスを取得する人も増えています。

グライダーは自分の力で着陸できないので、他のグライダーに引っ張ってもらったり、ウインチという器具を用いて巻き取ってもらったりします。

ところがここにミスが起こると、胴体着陸というトラブルが起こります。

胴体着陸すると激しい衝撃が起こるので、腰骨を折るなどの重傷に至ることもあります。

どんな乗り物でも、大きな危険を伴うのが胴体着陸の恐ろしさです。

「胴体着陸」の言葉の使い方や使われ方

「胴体着陸」はこのように用います。

・『人気の戦闘機ゲームで、胴体着陸を試してみた』
・『システムの不具合から胴体着陸したものの、大きな災難には至らなかった』
・『自衛隊機が近くの空港に、胴体着陸をおこなった』
胴体着陸は事故のひとつです。

システムや装備に問題があり、正常な状態で着陸できない様子をあらわしています。

そのため飛行機や戦闘機の着陸、サバイバルゲームをおこなっている時につかいます。

「胴体着陸」の類語や言いかえ

「胴体着陸」と同じような言葉に、次の用語があります。

・緊急着陸
・着陸事故
いずれも大きな事故を予感させる、怖い意味合いの言葉になります。

全国の飛行場では胴体着陸による火災を防ぐために、消防士による訓練がおこなわれています。

まとめ

「胴体着陸」の意味と使い方をお知らせしました。

胴体着陸とは予期せぬハプニングが起こり、正常に着陸できない不具合が起こること。

飛行機事故のひとつに挙げられます。

胴体着陸が起こると大きな火災が起こり、乗客に大きな被害がおよぶ可能性もあります。

昨今はグライダーによる事故も増えているので、より一層注意を払っておきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典