「胸糞が悪い」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「胸糞が悪い」の意味

「胸糞が悪い」という表現は、「胸がむかむかとしてくるほどに、不愉快で気持ちが悪いこと」を意味しています。

「胸糞が悪い」というのは、「(胸に糞がこみ上げてくるような感じで)これ以上ないほどに不快で気持ちが悪いこと・非常な嫌悪感があって忌々しいこと」を意味している表現なのです。

「胸糞が悪い」の読み方

「胸糞が悪い」の読み方は、「むなくそがわるい」になります。

「胸糞が悪い」の表現の使い方

「胸糞が悪い」の表現の使い方を紹介します。

「胸糞が悪い」の表現の使い方は、「胸がむかむかとしてくるほどに、非常に気分(気持ち)が悪くて不快感を覚える場合」に使うという使い方になります。

例えば、「せっかく旅行に出かけたのに、胸糞が悪い奴と遭遇したおかげで台無しになりました」などの文章で使用することができます。

「胸糞が悪い」を使った例文と意味を解釈

「胸糞が悪い」を使った例文とその意味を解釈していきます。

「胸糞が悪い」を使った例文1

「休日に見た映画は残酷な描写ばかりが目立ち、バッドエンドで終わる胸糞が悪い映画でした」

この「胸糞が悪い」を使った例文は、「胸糞が悪い」の表現を、「バッドエンドで終わる非常に不愉快な内容(気分の悪い結末)の映画でした」という意味合いで使っています。

「胸糞が悪い」を使った例文2

「胸糞が悪い相手と一緒の時間を過ごすのは、これ以上ないほどの人生の無駄だと感じます」

この「胸糞が悪い」を使った例文は、「胸がむかつくほど嫌いな忌々しい相手(非常に不快な相手)と一緒の時間を過ごすのは」という意味を持つ文章で、「胸糞が悪い」という表現を使用しています。

「胸糞が悪い」の類語や類義語

「胸糞が悪い」の類語や類義語を紹介します。

「気分が悪い」【きぶんがわるい】

「胸糞が悪い」という表現は、「胸がむかついてくるほどに、非常に気分・気持ちが悪いこと」を意味しています。

その意味合いから、「胸糞が悪い」とほぼ同じような意味を持つ類語(シソーラス)として、「気分が悪い」という表現を上げられます。

「反吐が出る」【へどがでる】

「反吐が出る」という表現は、「食べたものを吐きそうになるほど、非常に気分が悪くて不愉快になるさま」を意味しています。

この意味から、「反吐が出る」という表現を、「胸糞が悪い」とよく似た意味を持つ類義語として紹介することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典