スポンサーリンク

「脅威」と「驚異」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「脅威」と「驚異」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「脅威」「驚異」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「脅威」とは?

「脅威」とは、強い力のある者が脅かすこと、そのような威力を意味する言葉です。

言い換えれば、危害を加えられたり、大きな損害を受けるのではないか、という恐れのことが「脅威」だと言えます。

「脅威」「脅」はおびやかす意味で、「威」は威力や大きな力を意味するものであることから、「脅威」は上記の様な意味となりるのです。

『大国である隣国の脅威が増している。』や『敵国の脅威に備えて軍備を拡充する。』や『巨大資本の業界への進出は、我が社にとっては大きな脅威だ。』の様に使用されます。

「驚異」とは?

「驚異」とは、通常と異なっており、とても驚くようなことを指す言葉です。

「驚異」「驚」は驚くと言う意味であり、「異」は普通と違う状態を意味することから、「驚異」は上記の意味となるのです。

『大自然の驚異的な美しさを感じられるツアーでした。』や『彼の出した世界記録は驚異的だ。』や『彼は驚異の回復力で、近次現場復帰ができそうだ。』の様に使われます。

「脅威」と「驚異」の違い

「脅威」「驚異」はいずれも読みが「きょうい」です。

しかし、その意味は「脅威」は強い力のある者が脅かすこと、そのような威力を意味する言葉で、一方の「驚異」は、通常と異なっており、とても驚くようなことを指す言葉で、全く異なるものです。

すなわち、「脅威」「驚異」は同音異義語と言う事です。

違いは、これまでの説明で、ある程度理解できたと思いますが、ここで「驚異」の使用例で記載した『大自然の驚異的な美しさを感じられるツアーでした。』で用いや自然現象については、「驚異」ではなく「脅威」の言葉を使うのが正しいケースも色々とあります。

例えば、『異常気象の増加で自然の脅威が増している。』や『巨大竜巻の脅威は、自然の恐ろしさを物語っている。』と使う場合もあるのです。

地球上には、自然が生み出した絶景等もあり、自然の美しさや偉大さを感じる事も少なくありません。

そんな時に使う表現では「驚異」を感じますし、その一方で自然が牙をむけば、人間の生命や生活に、大きな被害をもたらす事も少なくありません。

そうした側面を表現する場合には、「驚異」ではなく「脅威」を使うのです。

まとめ

「脅威」「驚異」はいずれも読みが「きょうい」です。

しかし、その意味は「脅威」は強い力のある者が脅かすこと、そのような威力を意味する言葉で、一方の「驚異」は、通常と異なっており、とても驚くようなことを指す言葉で、全く異なるものです。

すなわち、「脅威」「驚異」は同音異義語と言う事です。

対象が、同じ自然であっても、その美しさや不思議な地形や現象を表わす場合には「驚異」で表現しますが、自然が人間に被害をもたらす様な側面を表現する場合には、「脅威」を使います。

すなわち自然は感動を受ける「驚異」の存在である一方で、「脅威」となり得るものであると言えるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典