スポンサーリンク

「腕前を上げる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「腕前を上げる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「腕前を上げる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「腕前を上げる」とは?意味

自分が持つ能力を高めて、より優れたものにすることを「腕前を上げる」と言い、高度な技術を身に付けて仕事に活かすという意味があります。

「腕前を上げる」には何度も同じことを訓練して、経験を積むことが大事なことであり、努力を惜しまないのも大切なことです。

能力を磨くには今よりも上のスキルに目を向けて学び、腕を磨けばより能力を向上させ、自分が仕事に就くとき有利に働きます。

「腕前を上げる」の概要

「ギターの腕前を上げる」「切り方の腕前を上げる」など、人がやる行為について能力・技術を高めるために練習したり、特訓するときに使うのが「腕前を上げる」【うでまえ】の意味になります。

具体的に何をやるのか述べることでその人は何を学べばいいのかわかりますし、どのようなことに詳しく、うまくできるのかが伝わります。

人は作業するときに手を使ってやりますが、技術を磨くときは「腕を磨く」と表します。

技術を学び、習得していくことで人はよりうまく手で作業ができるようになっていくことを「腕がいい」と言って褒めます。

そして、うまく物事が進められるようにするために腕を磨き、腕前を上げていくことで今よりも質のいい仕事ができ、人から褒められる技術者になれるのです。

「腕前を上げる」の言葉の使い方や使われ方

最初から人には得意とする分野がありますが、とくに手で楽器を弾く、物を作り上げるなど手を使った作業する人に対して使う言葉となり、技術や能力を高めるためには「腕前を上げることが大切」になるわけです。

手を使った作業は実践することでコツを掴み、上手く仕事を効率よくこなせますので、そのようなときは「腕を上げることが大事」とうまく仕事ができる上の者がまだ未熟な下の者に対して理解させるときに使います。

また、もっと「俺は腕前を上げて仕事がしたい」と思う人はやり方を学び、よりいい仕事をしようと考える人のやる気を表すときに使う言葉です。

「腕前を上げる」を使った例文

・俺は「腕前を上げる」ために幅広い仕事をしようと思う。

・料理の「腕前を上げて」近所の奥様方にイタリア料理を振る舞う私。

・もう少し「腕前を上げる」ために訓練学校に通って教師からコツを学びたい。

自分がもっと仕事でいい成果が出せるようにしたいと思う人は、今とは違う分野の技術を身につけるためいろいろな仕事をして習得したいと思うわけです。

また、複雑な料理が作れるようになるためにも教室に通っては作り方のコツを学びますし、習得することは大切です。

また、様々な技術が習得できる訓練学校に通って学べば、今よりもうまく仕事ができるようになるでしょう。

まとめ

誰もが生まれたときから優れた技術を持っているわけではなく、実際に経験して習得するからこそ腕前が上がります。

努力せずして簡単には優れた技術が見に付くわけではなく、努力したからこそいい仕事ができますし、人を魅了する音色をかもし出せる人になるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典