スポンサーリンク

「自学」と「独学」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自学」と「独学」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自学」「独学」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自学」とは?

その人自身で学ぶことです。

学ぶには、勉強をする、経験をして知るという意味があります。

「自学」が意味する学ぶとは、学問をすることも、経験をして知ることも指しています。

たとえば、数学の参考書を読む、問題集を解くなどは、学問をするということができます。

音楽の楽譜を読む練習をする、演奏の練習をするなども学ぶことだといえます。

経験をして知るとは、実際に見る・行う・触れるなどをして感じ取ったり、身につけたりすることです。

たとえば、乗馬です。

乗馬の知識を持っているだけでは、馬に乗ることはできません。

実際に自分が馬に触れて、馬に乗ってみることで、乗馬ができるようになってきます。

こういったことが、経験をして知るが意味するものです。

「自学」の使い方

自分で勉強をしたり、経験をして知ったりすることという意味で使用をします。

人に教える、他人が勉強をするといったことではありません。

勉強するものの内容は意味に含まれていないため、数学を学ぶ、国語を学ぶ、音楽を学ぶなど、さまざまな事柄に使用できます。

「独学」とは?

独りで学ぶことです。

学びの方法には、学校に通う、先生につく、オンライン授業を受ける、参考書を使うなど、さまざまあります。

この言葉は、学校に通わず、先生にもつかず、独りで学ぶことを指しています。

他の人の力を借りることがないのです。

参考書を使う、本を読むなどをして、自分の力だけで学びます。

学ぶものは、技術的なものではなく学問的なものを主に指しています。

技術的なものというのは、楽器を演奏する、物を作るなどのことです。

学問的なものとは、知識を身につけるようなもののことです。

「独学」の使い方

他の人の力を借りないで独りで学ぶという意味で使用をします。

学ぶものは学問で、技術的な学びに使用することは少ないです。

他の人に教えることや、他の人が勉強することではありません。

「自学」と「独学」の違い

どちらも自分自身で学ぶという意味を含んでいます。

しかし、ややニュアンスが異なります。

前者の言葉は、「自分で」という点が強調されています。

他人が代わりにやってくれることではないという意味です。

後者の言葉は、「独りで」という点が強調されています。

他の力を借りないという意味です。

「自学」の例文

・『専門書を使って自学する』
・『自学は学ぶの新しいスタイル』
・『配布されたテキストを使って自学する』
・『今日は自学することになった』

「独学」の例文

・『わずかな時間を使って独学する』
・『独学でここまで身につけることができた』
・『独学でもこれだけできるんです』
・『すべて独学で身につけました』

まとめ

2つの言葉は学びに関係していますが、同じ意味を持っているのではありません。

ややニュアンスが異なり、使われ方も異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典