スポンサーリンク

「自己アピール」と「自己PR」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自己アピール」と「自己PR」の違いは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「自己アピール」「自己PR」、このふたつの言葉は、就活などのときにどちらも自分の持っている力を相手にわかってもらうために説明する機会がある言葉です。

実は、同じ意味に思えるこのふたつの言葉には少しだけ違う点があるのです。

それではこの記事では、「自己アピール」「自己PR」の違いについてわかりやすく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

「自己アピール」の意味とは?

「自己アピール」とは、自分自身の強みや長所などを相手にアピールすることを意味しています。

とくに就職活動などで使われる言葉であり、それ以外でも婚活だったりフリーランスで仕事をしていくときに「自分の良いところをアピールするため」に使われています。

また「自己アピール」は、相手に自分自身の強みや長所や良いところを伝えるだけですので、それが相手にとって利益になるかどうかは関係していません。

「自己アピール」をした結果、「あなたにこういった利益があります」となるかは関係なく、単に強みや長所などを伝えるときに使う言葉です。

「自己PR」の意味とは?

「自己PR」とは、自分自身を分析し、長所や強みを見つけ、それが相手にとってどう働くかを考えた上で相手にそれを伝えることをいいます。

主に就職活動をする際に使われる言葉で、その場合は自分の目線から見たときに相手企業にとって役に立ちそうな部分をアピールします。

相手が何を求めているかまで分析し、自分自身の能力の中から相手が求めているもの、相手にとっても利益が出るものについて長所をアピールする、ということです。

「自己アピール」と「自己PR」の違いについて

「自己アピール」「自己PR」は、極めて似ている意味を持っている言葉です。

しかし、微妙な違いですが、しっかりと使い分けが必要な言葉ですので、どのような点が異なっているのかを具体的に解説していきたいと思います。

まず大きな違いは「自己アピール」は、自分自身の長所や強みが相手にとってどうはたらくのかや利点となるのかは関係なく、単に自分のよいところを伝えるときに使います。

対する「自己PR」は、自分自身の長所や強みが、相手にとってどんな得があるのかを考えて伝えることをいいます。

自分自身を分析し、強みや長所が相手にとって役に立つのか、どういった利益があるのかまでを分析して伝えるとき、「自己PR」を使うのです。

「自己アピール」を使った例文を紹介

・『大学同士の合コンに参加したのだが、人数合わせということもあり気乗りしなかったため、自己アピールは「優しさには自信があります」と言ったら、案外話しかけられてしまった。』

「自己PR」を使った例文を紹介

・『長い就職活動を続けていく中で、自分が書いた自己PRが果たして企業にウケるのかどうか、不安になってきた。』

「自己アピール」と「自己PR」の違いのまとめ

いかがでしたでしょうか。

「自己アピール」「自己PR」は、ほとんど同じ意味を持っていながら、相手にとってどうであるかを考えているかどうかで使い分けが必要となる言葉でした。

主に就職活動など大事な場面で使う言葉ですので、間違ってしまわないようにしっかりと意味を押さえておきましょう。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典