「自己嫌悪」と「劣等感」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自己嫌悪」と「劣等感」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「自己嫌悪」「劣等感」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自己嫌悪」とは?

「自己嫌悪」の意味と使い方について紹介します。

「自己嫌悪」の意味

「自己嫌悪」「じこけんお」と読みます。

意味は「自分自身が嫌いになり、不快に思うこと」です。

「自己嫌悪」の使い方

「自己嫌悪」は、自分自身を嫌いになり、落ち込んでしまう気持ちのことを言います。

「嫌悪」「憎み嫌うこと」という意味で、自分に対して怒りや憎しみを感じて嫌だと思ってしまうのです。

「自己嫌悪」になる理由としては「仕事で大きな失敗をして周囲に迷惑をかけた」「好きな人からひどいフラれ方をした」「調子に乗り過ぎて失敗した」など、自分を否定する様な出来事や感情が生じたことが挙げられます。

自分のどこが嫌いというのではなく、自分の存在自体が疎ましいと思い、思い詰めてうつ状態になってしまうこともあります。

「劣等感」とは?

「劣等感」の意味と使い方について紹介します。

「劣等感」の意味

「劣等感」「れっとうかん」と読みます。

意味は「自分が他人より劣っていると思うこと」です。

「劣等感」の使い方

「劣等感」は、自分が他人よりも劣っていると思うことを言います。

単に思うだけではなく、「自分はダメな奴だ」などと悲観的になってしまう時に使われます。

「劣等感」は、自分と他人を比較した時に生じやすく、他人と比較して自分への評価が低いと感じることを表します。

ただし、それが事実ではなく、他の人は全くその様なことを考えていない場合もあります。

また、「劣等感」をバネに努力して、将来大きく成長する人もいるのです。

「自己嫌悪」と「劣等感」の違い!

「自己嫌悪」「自分自身が嫌いになり、不快に思うこと」です。

「劣等感」「自分が他人より劣っていると思うこと」です。

まとめ

今回は「自己嫌悪」「劣等感」の違いをお伝えしました。

「自己嫌悪は自分が嫌い」「劣等感は自分が劣っていると思う」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典