スポンサーリンク

「自己開示」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「自己開示」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

初対面の人とコミュニケーションを取る際に最近では「自己開示」という方法が注目されています。

この記事では、「自己開示」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「自己開示」とは?意味

「自己開示」とは主に初対面の人と仲良くなるためのコミュニケーション方法であり、自分の個人情報をありのままにさらけ出すことで警戒心を解く効果があります。

自分が持っている個人情報は基本的なものから長所、短所など様々なものがあり、これを提示することにより深いコミュニケーションの足掛かりを与えることが可能です。

長所だけを伝えるのではなく短所も一緒に伝えることから秘密の共有という意識が生まれ、信頼性や尊敬の念を相手に対して示すことが可能であり、最近ではビジネスシーンで多く用いられるようになっています。

「自己開示」の概要

「自己開示」は元々心理学であるシドニー・ジュラードが提唱したコミュニケーションの方法であり、素の自分をさらけ出すことで相手への警戒心を解きほぐすことが可能になります。

これらの情報を提示することで良好な人間関係を短時間で築くことが可能となり、この点から時間に忙しいビジネスパーソンの間で注目されています。

最初にどこまで踏み込んでいいかのゾーンを自分から提示することで会話がスムーズになりますし、弱点や欠点を相談してくれるという状況は相手にとっては尊敬や信頼の念を表すことが可能です。

「自己開示」は短時間で行うコミュニケーションの方法ですが、それでも段階を踏んで会話するのが大切になります。

プレーンな基礎情報やアイスブレイクとしての雑談を踏みながら、徐々に長所や短所を話していくことでコミュニケーションの範囲を共有していくのが特徴です。

「自己開示」の言葉の使い方や使われ方

「自己開示」は元々心理学の用語として使われていましたが、これをコミュニケーションのメソッドとして最近ではビジネスシーンで多く使用されています。

特に短時間でお互いの腹を割って話すことが可能であり、時間の効率化を求めるビジネスの場面では有効な方法として人気です。

「自己開示」の類義語としては「自己呈示」がありますが、こちらは何らかの意図を持って自分を表現する方法であり、印象操作する意図やセルフブランディングするのが特徴です。

「自己開示」を使った例文(使用例)

・『信頼できる上司と一緒に、同期の新入社員の間で自己開示することになった』
・『自己開示で自分の弱点をさらけ出すのは恥ずかったが、真剣に悩みを聞いてくれる人たちで安心しました』
・『飲み会の無礼講も一種の自己開示なのかもしれない』

まとめ

初対面の人とコミュニケーションする方法は様々なものがありますが、短時間で自分の様々な情報をさらけ出すものとして「自己開示」は最近注目されています。

短時間でコミュニケーションの範囲を把握することが可能なことから、忙しいビジネスマンの友好関係を作りだす方法として便利なのが特徴です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典