スポンサーリンク

「苦難の中の力」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「苦難の中の力」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「苦難の中の力」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「苦難の中の力」とは?意味

「苦難の中の力」は、カモミールという野草のことで、物すっごく生命力が強く、環境に対する適応能力が強いことで、花ことばとして、このワードがあてはめられた野草を意味します。

なお、このワードが着目されたのは、図書館戦争という映画で注目され、図書館の図書館のシンボルマークがこのカモミールで、かつ劇中で「苦難の中の力」というワードで、作品に登場し注目を集めました。

「苦難の中の力」の概要

このワードは、要は雑草魂という意味で、ツタバウンランという植物と同じような意味を持つカモミールの花ことばです。

ちなみに、ツタバウンランは、勝てる試合には勝つという意味で、無意味に勝てない勝負は挑まないという花ことばで、こちらの方が実は現実的に物事に対処しており、「苦難の中の力」の雑草魂と比較した場合、かなり現実を見ており、どのような問題に対しても挑まず、冷静に勝てることのみに注力しています。

なので、カモミール側の持つ花ことばの「苦難の中の力」は、言い方が悪いんですが、自分から苦難に足を突っ込んでいると言ってもよいです。

「苦難の中の力」の言葉の使い方や使われ方

このワードは、苦難に直面した際に人間は力を発揮するという意味で使用し、カモミールの花ことばだというと周囲に博識であると思われます。

「苦難の力」を使った例文

・『カモミールの花ことばは、苦難の中の力である』
・『苦難の中の力という花ことばがあるが、乗り越えられるとは言っていない』

まとめ

実は、カモミールの花ことばである、「苦難の中の力」ですが、このワード、苦難に直面した際、耐えられるという意味こそあるんですが、実は乗り越えるという意味はありません。

なので、苦難に勝つという場合は、ツタバウンランの花ことばが、苦難に勝つほうの花ことばで、こちらであれば、強敵に打ち勝つや必ず相手に勝つという意味になり、絶対に苦難という難題を乗り越えるという意思があります。

このワードは、映画で注目されたワードで、カモミールの花ことばになり、カモミール自体がものすごく生命力が高く、どのような環境にも適応するということか羅劇中にもたびたび出てきたワードで注目されました。

ただ、カモミールは、熱には実は弱く、寒さだったり暑さには弱いです。

ただ単に、踏まれたりしても大丈夫という生命力の強さはありますが、実は熱には弱く寒さにも弱い植物です。

ちなみに、ツタバウンランのほうが実は、寒さと暑さに強い上、踏まれても大丈夫なので、真の強者でこっちは、雑草という扱いの植物なんですが、ものっすごくタフで生命力にあふれており、「苦難の中の力」を超えたパワーがある植物になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典