スポンサーリンク

「英才教育」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「英才教育」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、英才教育の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

英才教育とは?意味

英才教育とは、知能を高めるために乳児期より高度な学習に焦点を当てて、才能と素質を高めるための特別な教育を受けさせます。

児童の才能を高めるためには一般的な教育だけではなく、知能に焦点を当てた学習が大事です。

この英才教育の起源は、哲学者J. S. ミルで、彼は乳幼児ですでに教育をほどこすことで学習能力を高めるとし、学塾的なものにしたことが発端となっています。

英才教育の概要

乳幼児が持つ才能と能力を引き伸ばすために有効な教育を受けさせることが英才教育の意味です。

この教育を取り入れることで乳児の右脳を刺激し、勉強ができる子供へと成長します。

3歳までに英才教育しておけば、子どもの能力を飛躍的に鍛えますので、弾くのが難しい楽器が弾けるようになったり、複雑な計算でも難なくこなせるようになるのです。

そのため、英才教育を受けさせる体制を整える保育園や幼稚園が増えており、このような所では自分から先入観を持たずに楽しく学習できます。

吸収力が高い3歳までの子どもは記憶力に優れており、知識を身につけやすい時期。

感性や感覚を鍛えられる時期に英才教育を受けさせれば、スポーツの能力も高め、言語の習得もしやすいのが英才教育するメリットです。

英才教育の言葉の使い方や使われ方

まだ何も吸収して、記憶していない状態である乳幼児の右脳に働きかけ、記憶させる学習方法をやらせるとき「英才教育を受けさせる」と使います。

早ければ0歳から英才教育を受けさせて、子供の脳を鍛える人もいます。

主に、大人が子供に対して使う言葉であり、お金と時間をかけて英才教育を受けさせるわけです。

英才教育を使った例文

・英才教育を受けさせたことで娘は5歳にしてバイオリンが弾けるようになった。

・子供にはバランス感覚と運動神経を高めるために英才教育を受けさせようと思う。

・グローバル社会に対応するため、幼児期から英才教育を受けさせて、無理なく英会話を身に付けさせたい。

バイオリンを習うには6歳からでは遅いと言われていますが、早い人では3歳にして習わせれば大人でも難しい楽譜も暗記して、スラスラと弾けるようになる子供もいます。

英才教育を受けさせることでバランス感覚を養い、運動神経も高められます。

また、世界の共通語と言われている英語も早めに習わせるとネイティブな発音で英語を話せるようになると言われています。

小学校のお受験でも英語の筆記は必須でもあり、将来的には外資系の会社でも英語ができる人は優先的に採用されるのです。

まとめ

子どもの能力を引き伸ばし、才能も高める素晴らしい英才教育。

乳幼児までに質の高い教育で学習させることで、子供も無理なく習得できます。

しかし、あまりにも詰め込みすぎた勉強の仕方はストレスを与えてしまいますので、自由な時間を設けつつ、無理のないスケジュールで英才教育を受けさせましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典