スポンサーリンク

「茹でる」と「煮る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「茹でる」と「煮る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「茹でる」「煮る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「茹でる」とは?

熱湯で食品を加熱することです。

湯を使用しており、火に直接食品を当てることはありません。

水蒸気を当てることでもありません。

ジャガイモを「茹でる」ときのことで考えてみます。

まず、鍋に水とジャガイモを入れます。

そして、これを火にかけます。

しばらくすると水からぽこぽこと泡が出てきます。

激しく泡が出てくるようになったら沸騰しています。

この状態で火にかけ続けると、ジャガイモの内部まで加熱することができます。

使用した湯は捨てます。

この作業が「茹でる」です。

食品を水から火にかける場合も、沸騰してから食品を湯の中に入れる場合も「茹でる」といいます。

「茹でる」の使い方

食品調理で使われる言葉です。

熱湯に入れて食品を加熱することをいいます。

哺乳瓶などを熱湯に入れてぐつぐつとさせることがありますが、この場合は「煮沸」ということが一般的です。

「茹でる」は食品について使用をし、それ以外のものには使用しません。

「煮る」とは?

食品を水やだし汁の中に入れて加熱をすることです。

調味料を加えて食品に火を通し、食べられる状態にすることを主にいいます。

ジャガイモを「煮る」ことで考えてみます。

ジャガイモを洗って適当な大きさに切り、水に醤油、みりん、砂糖などの調味料を加えたものとともに火にかけます。

ジャガイモが隠れるくらいの水を使用すると、調味料が全体にしみこみやすくなります。

しばらく加熱をしていると、ジャガイモに火が通り食べられる状態になります。

この作業が「煮る」です。

「煮る」ために使用した水や調味料は、料理を出すときに一緒に皿に入れたり、一緒に食べたりします。

「煮る」の使い方

食品調理で使われる言葉です。

水など液体の中に食品を入れて、火を通して食べられる状態にすることをいいます。

調味料とともに調理する場合に使うことが多いです。

「茹でる」と「煮る」の違い

どちらの言葉にも、食品を液体の中に入れて加熱する、という意味が含まれています。

しかし、同じ作業ではありません。

前者の言葉は、調味料を使用せずに熱湯で加熱することを指しています。

後者の言葉は、調理に使用した液体を一緒に食べます。

また、調理に調味料を使用する場合が多いです。

「茹でる」の例文

・『そばを2人前茹でる』

・『昼食に食べるためにそうめんを茹でる』

・『ジャガイモが柔らかくなるまで茹でる』

・『短めに茹でると食感が残ります』

「煮る」の例文

・『魚を煮る』

・『フタをして10分煮る』

・『重曹を入れて煮ると柔らかくなります』

・『野菜を煮るときのコツ』

まとめ

どちらもの言葉も調理方法を指しています。

液体を使って調理をする方法なのですが、使用した液体を食べるのか、食べないのかという点と、調味料を使用するのか、しないのかという点に違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典