スポンサーリンク

「蒔く」と「撒く」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「蒔く」と「撒く」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「蒔く」「撒く」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「蒔く」とは?

「蒔く」には3つの意味があります。

1つめは、植物の種子を土などに散らすです。

散らすとは、ばらばらになるように広げることをいいます。

今畑にいます。

手には植物の種子が握られています。

これを土に向かって、ぱらぱらと広げていきます。

この行為が「蒔く」が意味するものです。

2つめの意味は、物事の原因を作るです。

作物の種を土に蒔けば、植物が芽を出して成長をし、やがて収穫できます。

種をまくという原因があり、収穫するという結果があります。

物事の場合も、何かの結果は何かの原因があって引き起こされます。

「蒔く」は比喩的に用いて、物事の原因を作るという意味の言葉です。

3つめの意味は、蒔絵をつくるです。

蒔絵は日本独自の漆工芸の一つで、器物の表面に漆で文様を描き、金属粉や色粉などを巻きつけて付着させつくられます。

「蒔く」の使い方

植物の種子を畑などにバラバラに落とす意味で使用をします。

また「種を蒔く」の形で、物事の原因の意味でも使用されます。

「撒く」とは?

「撒く」には4つの意味があります。

1つめは、広い範囲に細かく振るようにバラバラに落とすです。

掃除をしたり、暑さを抑えたりするために、玄関前に水を散らすことがあります。

これを「玄関に水を撒く」といいます。

バケツでバサッと一度に大量に水をかけることではなく、柄杓や手を使ったりして、細かな水を散らすことを指します。

2つめの意味は、あちこちに配って大勢に行き渡らせるです。

「ビラを撒く」のような使い方をします。

この場合は、ビラを配って大勢に行きわたらせることを指します。

3つめは話しなどを周りに広めるです。

「うわさを撒く」のような使い方をします。

4つめは、ついていきている人などに見つからないようにするです。

「尾行を撒く」のような使い方をします。

この場合は、尾行をしている人の目をくらまし、その人が見失うように故意に行うことを指します。

「撒く」の使い方

いくつもの意味があり、さまざまな事柄に使用されています。

日常的には、広い範囲に細かく振るように落とす、あちこちに配るという意味で使われることが多いです。

「蒔く」と「撒く」の違い

どちらの言葉も「まく」と読みは同じで、散らすという意味合いが似ていますが、同じことではありません。

「蒔く」は種子を土などに散らすことです。

「撒く」は細かく振るように散らすことです。

土俵に塩を散らす、玄関先に水を散らすなどのことをいいます。

「蒔く」の例文

・『ほうれん草の種を蒔く』
・『日和を選んで種を蒔く』
・『4月に種を蒔く予定です』
・『若い人が育つための種を蒔く』

「撒く」の例文

・『悪いものを払うために玄関先に塩をまく』
・『鶏たちに餌を撒く』
・『海に撒く』
・『相手を撒く』

まとめ

「まく」と読みは同じですが、2つの言葉の意味は異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典