「蔵元」と「酒蔵」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「蔵元」と「酒蔵」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「蔵元」「酒蔵」の違いを分かりやすく説明していきます。

「蔵元」とは?

「蔵元(くらもと)」とは、「日本酒(お酒)の醸造・製造を行っている人やその身内(一族)の人」を意味している言葉です。

日本酒(お酒)をつくる生業は先祖代々受け継がれていることが多いので、「蔵元」というのは「長期にわたって日本酒製造(お酒づくり)をしている人やその身内の人たち」を意味しているのです。

しかし、「蔵元」をしている親がいても、その子がサラリーマンなどをして「お酒づくりの仕事」には何も関わっていなければ、その子は「蔵元」とは呼ばれません。

「酒蔵」とは?

「酒蔵(さかぐら)」とは、「日本酒(お酒)をつくっている製造所・醸造施設」のことを意味している言葉です。

「酒蔵」という言葉は、「物理的な日本酒の製造施設・製造拠点」だけではなくて「職業としての日本酒(お酒)の製造業・お酒づくりをしている会社」のことも意味しています。

例えば、「蔵元は酒蔵に入って朝早くから仕事をしています」「私は酒蔵の会社に勤務しています」といった例文で使うことができます。

「蔵元」と「酒蔵」の違い!

「蔵元」「酒蔵」の違いを、分かりやすく解説します。

「蔵元」「酒蔵」「お酒(日本酒)の醸造・製造に関わっている言葉」を意味している点では類似していますが、「蔵元」というのは「お酒を醸造してつくっている人やその身内(一族)の人たち」のことを意味しています。

「蔵元」に対して「酒蔵」というのは、「お酒を醸造してつくっている物理的な醸造施設・製造所」「日本酒をつくる製造業(職業としての業種)」を意味している違いを指摘できます。

そのため、(一定以上の期間にわたって日本酒を製造している人の家族・一族でなければ)日本酒を製造している会社に勤めているだけでは「蔵元」とは言えず、その場合には「酒蔵に勤めています」という言い方になる違いがあるのです。

まとめ

「蔵元」「酒蔵」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「蔵元」とは「日本酒の製造・醸造を行っている人やその一族」を意味していて、「酒蔵」「蔵元には必ずある日本酒を醸造する製造所・職業としての日本酒の製造業」を意味している違いがあります。

「蔵元」「酒蔵」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典