スポンサーリンク

「虚構」と「虚偽」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「虚構」と「虚偽」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「虚構」「虚偽」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「虚構」とは?

「虚構」は偽りを作り出して話を組み立てることで、簡単に説明しますとフィクションです。

例えば、ドラマなどは事実をもとにお話を作り出すことと、作り話で構成されているの2種類で、「虚構」はお話を全て作り話で作り出して周囲に公開することを指します。

「虚偽」とは?

「虚偽」は嘘のみで塗り固めることで物語性はどうでもよく、とりあえず嘘で塗り固め表面を取り繕います。

その為、「虚偽」は、嘘であることが前提でとりあえずバレなければそれでよいという考えで物事が進むため、作り話という物と比較した場合、悪質です。

作り話は、対象をワクワクさせたり、楽しませるという娯楽で機能しますが、「虚偽」は嘘をつくことで嘘をつく者が得をするもしくは、嘘で事故の名誉型も足らるということから悪い意味で使用されるのが「虚偽」という言葉になります。

「虚構」と「虚偽」の違い

「虚構」「虚偽」の違いは、作り話であるか、単に嘘をついて取り繕うというだけであるかです。

「虚構」の場合、犯罪として成立した場合、軽微な軽犯罪になりますが、「虚偽」の場合嘘で嘘を塗り固めるという行為な為、大きな犯罪になりやすいです。

その為、犯罪という枠組みにおいては軽犯罪で終わるか、重大な犯罪になるかという違いもあります。

「虚構」の例文

・『虚構犯罪申告罪』
この言葉は、犯罪者側か第3者が作り話をしたことに関して申告した場合に適応される法律で軽犯罪法により処罰を受けます。

「虚構」は犯罪行為であるとした場合、軽犯罪になり刑事事件にはなりません。

「虚偽」の例文

・『虚偽申告罪』
この言葉は、嘘にうそを塗り固め、自己の保身や利益を追求したものに対する法律で、刑事罰を受けます。

その為、軽犯罪と異なり悪質性が高く常習性があるかどうかまでを判断し、どうすべくかを裁判所が決めます。

無論、軽犯罪でも立派な犯罪で常習性があることを立証された場合、刑事事件になる可能性もあるため、軽犯罪も立派な犯罪として扱うのが原則です。

まとめ

「虚構」「虚偽」の違いは、フィクションのことを指すか、単に嘘を塗り固めている行為を指すかという違いです。

その為、犯罪においては、「虚構」は軽犯罪であるとなりますが立派な犯罪行為であることには変わりなく、「虚偽」についてはあえて嘘をつくことで得をして第3者を騙すことから刑事事件となることも多く、刑事罰が科せられます。

その上で、フィクションは、いわばお話を盛り上げるだけですので言い方としては良い嘘のつき方にあります。

ですが、「虚偽」は嘘をついて得をすることに当たるためドラマにおいては「虚偽」は嘘の演出をしてテレビ局が利益を得るために番組を提供しているのではないかと言われると「虚偽」に当たるため、あえてドラマはフィクションだということでお金儲けのために番組を作っていると申告することで視聴者側にうそですが娯楽として提供しますというニュアンスで刑事罰を逃れているのです。

なお、ノンフィクションと言いながら事実と異なる演出を入れた場合、遺族や親族側に訴えられるのはノンフィクションは事実であるが故脚色をしたと遺族や親族がみなすが故起こる問題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典