スポンサーリンク

「虫酸が走る」と「反吐が出る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「虫酸が走る」と「反吐が出る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「虫酸が走る」「反吐が出る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「虫酸が走る」とは?

「虫酸が走る」とは、あまりにも不愉快でかつ、吐き気を催すが故気分が悪いことを意味する言葉です。

虫酸は、胃液のことで不快感があることから、不快感が走ることを意味するのが「虫酸が走る」になります。

「反吐が出る」とは?

「反吐が出る」は、気持ちが悪く深いで思わず嘔吐しそうであることを指します。

要は、気分が悪くなることで、気分を害することを受けた場合、吐き捨てる言葉です。

「虫酸が走る」と「反吐が出る」の違い

「虫酸が走る」「反吐が出る」の違い 「虫酸が走る」「反吐が出る」の違いは、意味自体は同じですが、あえて言うならば口から吐き出すものが異なります。

「虫酸が走る」は、胃液を吐き出すことで不快感があることを意味します。

一方で「反吐が出る」は、食べたものを吐き出すことにあり未消化物を吐き出しますので両者の違いは口から吐き出す内容物です。

「虫酸が走る」の例文

・『あなたの顔を見ると虫酸が走る』
この例は、対象となる人物の顔を見ると気分が悪くなり、かつ吐き気を催すことを示します。

「虫酸が走る」は吐き気を催すことであるため、対象となる者はよほど嫌われてしまうほど邪悪であると言えます。

・『夫から放たれる加齢臭を嗅ぐと虫酸が走る』
この例は、夫から出る加齢臭の臭いにより気分が悪くなるという意味です。

虫酸と表現している分まだマイルドで、これが反吐に代わるとよほどひどい体臭を放っていると予測します。

「反吐が出る」の例文

・『君の甘い考えには反吐が出る』
この例は対象となる人物の考えが甘いが故に、気分を害するという例です。

なお「反吐が出る」という言葉はあまり女性が言い出すことはなく、反吐という物が嘔吐物であるが故虫酸の方がまだ女性側も使用する言葉に当たります。

・『君のやり口には毎度反吐が出る』
この例は対象となる人物のやり方が汚く、気分を害するという例になります。

毎度という記載がある点が、毎回対象となる人物のやり口を見ていて気分を害することがあるということです。

まとめ

「虫酸が走る」「反吐が出る」の違いは両者ともに気分を害することですが、反吐の方が汚いものであるため、気分を害した際に女性が「反吐が出る」という言葉を使うのはあまり多くはありません。

虫酸は胃液であるが故、まだ食べたものを吐き出す反吐よりもマイルドな表現ですが、両者はともに汚れている物であることには変わりがないのでどちらを使用しても意味は同じで相手側に言いたいことは伝わります。

その上で、「虫酸が走る」「反吐が出る」のどちらで相手側に不快感を伝えるかとなりますと、よほど対象者が嫌いでない限りは、虫酸を使うのがベストで対象のことが大嫌いであれば、反吐を用いればよいでしょう。

ただ、両者の言葉はきれいなことはではないので普通に対象となる者に不快であると述べた方が相手とのトラブルにならない可能性が高いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典