スポンサーリンク

「行事」と「催し物」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「行事」と「催し物」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「行事」「催し物」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「行事」とは?

「行事」は、毎年恒例に開催される社会や団体による主催で行われるイベントです。

ここで言う社会や団体とは、企業が主催者だったり、学校が主催者だったりと様々で一個人も主催者です。

一個人の場合、例えば誕生日会なども実は「行事」で毎年開催する場合、「記念行事」という扱いで開催可能となります。

「行事」の使い方

毎年開催するイベントなどを「行事」という言葉を使用して誰が主催者となって開催するかを述べる際に「行事」という言葉を使用します。

「行事」は、個人の誕生日などを祝うようなものでも「記念行事」という扱いで表記可能です。

企業が主催者である場合、イベント扱いで主催者となり様々なことを行いますが、毎年恒例のイベントである場合、「恒例行事」や、「年中行事」という言葉でイベントを開催しているとします。

「催し物」とは?

「催し物」は、企業などが主催者にならず、学校などの教育機関や個人間もしくは団体でフリーマーケット等のバザーなどを開催し、イベントとする物を指します。

企業が主催者ではありませんので、イベントが巨大化することはまれでイベントにかかる費用については団体や個人が支出し、イベントの開催に使用されることが多いです。

「催し物」の使い方

「催し物」は、学校の文化祭などのイベントに使用されることが多く、お金をあまりかけずに開催するイベントで使用されることが多いです。

例えば、フリーマーケットは、会場の誘致は団体が会場を借りることで成立しますが、後のマーケットに出店する商店については団体は関与せずマーケットに参加してくれるものに対してお金を排出し参加者を募りることはありません。

学校の文化祭のイベントも同様に限られた予算でイベント構築しますので予算が限られていることが多いです。

「行事」と「催し物」の違い

「行事」「催し物」の違いは、主催となる主催者が異なり、かつイベントに費やす予算なども異なります。

「催し物」は小規模でイベントが遂行しますが、「行事」は企業が主催者である場合、大規模イベント化することが可能で、企業はイベント自体を自社の宣伝活動にすることができるのです。

一方「催し物」は、小規模イベントですので企業などが自ら出資金を提供しない限り、自社の宣伝活動を行うことはないです。

何故なら、「催し物」は、たくさんの方々が出資してイベント開催していることが多いため、一部のものが宣伝活動をして利益を得ることが可能となる状況を許さないということになります。

以上から違いは、主催者が異なりイベントの規模が異なる点が違いです。

まとめ

「行事」「催し物」の違いは、一見すると同じように見えますが、異なる点を挙げるとすれば、完全に企業が出資して自らの業績や自らの企業をアピールすることにかけては、「行事」という方法で自社を宣伝することができますので、「催し物」と異なりイベントを企業側の都合の良いものに変更できる点です。

「催し物」は様々な人が集まり、お金をかけずにイベントを消化していくという手法上人々は好き勝手に行動したり、自分をアピールすることができない点になり、一人が自分勝手な行動をとると周囲に迷惑がかかる点が異なる点になります。

以上から、ビジネスという観点で考えれば、「行事」の方が企業からしてみれば主催者となり得るので都合がよく、「催し物」はあくまでゲストという関係でイベントにお呼ばれしているだけに過ぎないので好き勝手な行動をとることができないという違いになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典