スポンサーリンク

「表する」と「表す」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「表する」と「表す」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同じ漢字でも読み方によって、全く意味が変わってくる言葉もあります。

この記事では、「表する」「表す」の違いを分かりやすく説明していきます。

正しい日本語の語彙をレッスンしていきましょう。

スポンサーリンク

「表する」とは?

表する(ひょうする)とは、心の中で思っていたことを外にあらわすこと。

主に相手に対して、尊敬や感謝の意を伝えたいときに用いる言葉です。

とても礼儀正しい言葉のひとつです。

「表」という字には、褒めるというニュアンスも混じっています。

つまり誰かを称えたい、褒めたいシーンに用いるのが「表する」なのです。

文句を言いたくなるような嫌いな相手には、決して使わない言葉なので覚えておくと良いでしょう。

さらにセットで学びたいのが「敬意を表する」という言い回しです。

敬意を表するは、崇めるや尊敬する、重んじるなどの意味でつかわれます。

友達同士などのカジュアルな場では用いず、恩師やお世話になった方、目上の人などに用います。

敬意を表するのほかにも、追悼の意を表する、祝意を表するといった使い方をします。

丁寧な用い方が多い言葉です。

「表す」とは?

表す(あらわす)とは、自分の気持ちや考えを表現すること。

心に感じていたことを、外に出す作業のことです。

「表す」のよく似た言葉に「現す」があります。

自分の内面を外に押し出すイメージなのが「表す」

それに対して「現す」は、物体や人がリアルに出現するという意味でつかわれます。

思想や感情などを伝えるのが「表す」なので、文章に表す・音楽に表す・スケッチに表すといった使い方をします。

心の内面を伝える方法が「表す」なのです。

喜怒哀楽などの気持ちは、抑えようと思っていても我慢できないことがあります。

積もった気持ちが、自然とあらわれてくるのも「表す」です。

怒りの感情を表す、悲しみの気持ちを表す、よろこびを表すなどと用います。

私たちの気持ちと、常にリンクしている言葉です。

「表する」と「表す」の違い

同じ「表」という漢字が使われているので、使い分けに苦慮することもあります。

「表する」「表す」の違いを、分かりやすく解説します。

・他人に対しては表する、自分の気持ちは表す

どちらも自分の内面を、外に映し出した言葉です。

「表する」はとても丁寧な言い回しで、自分以外の人を称えたいときに用います。

尊敬している人や組織につかう言葉です。

それに比べて「表す」は、自分の気持ちを表現したいときに使用します。

心の矢印が自分以外に向いているときは表する。

自分自身に向いているときは表すです。

まとめ

「表する」「表す」の違いを分かりやすくお伝えしました。

敬意を表するや哀悼の意を表するなど、誰かを称えたい時の用語が「表する」

表するは「ひょうする」と読みます。

対して自分の気持ちを表現する時の語句が「表す」

表すは「あらわす」と読みます。

見た目はとても似ていますが、意味は異なってくるので理解しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典