スポンサーリンク

「表れる」と「現れる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「表れる」と「現れる」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「表れる」「現れる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「表れる」とは?

「表」という漢字を用いた「表れる」には、表に出てくる、表面に出てくる、といった意味があります。

隠れていたものが表面に出てくることを意味し、感情や考え方、思想など内面に隠れていたものが表に出てわかるようになることを意味する言葉です。

「表れる」の場合、はっきりと目で見てわかるようなものではなく、抽象的なものに対して用いられる言葉です。

このように形のないものに対し用いられる言葉が「表れる」となります。

「表れる」を別の言葉で言い換えると、「にじみ出る」「顕れる」などとなります。

「表れる」の使い方

「表れる」の場合、「態度に表れる」「言葉に表れる」「自信の表れ」「個性の表れ」など、主に抽象的なものに対し用いられる言葉となります。

「現れる」とは?

現在、現実、現状、など、今、目の前のことを意味する「現」が用いられている「現れる」

今まで隠れて見えなかったものが目の前に、今、「現れる」といったものとなります。

「現れる」は、目で見て形あるものに対し用いられる言葉で、人間や動物をはじめ、ものや草花などに対し用いられる言葉となります。

今までいなかった人が姿を出す、美しい景色が見える、などといった場合に「現れる」が用いられます。

「現れる」を別の言葉で言い換えると、「出現」「現ずる」「姿を現す」「発現」などとなります。

「現れる」の使い方

「現れる」の場合、「太陽が現れる」「猿が現れる」「犯人が現れる」など、主に目で見て確認できる具体的なものに対し用いられる言葉となります。

「表れる」と「現れる」の違い

同じ読み方でも、使用する際の意味が異なる「表れる」「現れる」

「表れる」の場合、抽象的なものに対し用いられ、「現れる」の場合は、目で見てわかる具体的なものに対し用いられる言葉となります。

この「抽象的なものか、具体的なものか、によって使い分ける言葉となります。

「表れる」の例文

・『彼の態度から、自信にみなぎる様子が表れています。』

・『母親がどれだけ機嫌が良いかは、話し方から表れてきます。』

・『小規模なお店だけではなく、大規模なお店にも不景気の影響が表れだしています。』

・『口に出さなくても、あなたがどれだけ怒っているか態度に表れています。』

「現れる」の例文

・『ハイキング途中、突然、目の前にイノシシが現れ、とても怖かったです。』

・『上空の晴れ間にキラキラと光る星が現れました。』

・『急に道路に猫が現れ自転車の急ブレーキをかけることになり、私は転倒してしまいました。』

・『やっと、サスペンスドラマの中で犯人と思われる人物が現れました。』

まとめ

以上のようなことに注意し、「表れる」「現れる」を使い分けることで、より的確な使い分けが可能です。

また、両者の場合、どちらでも使用可能な使い方も多く、決して、どちらかが間違った使い方とは言い切れない場合も少なくありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典