スポンサーリンク

「裏声」と「ファルセット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「裏声」と「ファルセット」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「裏声」「ファルセット」の違いを分かりやすく説明していきます。

カラオケなど、歌を歌う場面で耳にするこの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「裏声」とは?

「裏声」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「裏声」「うらごえ」と読みます。

「裏声」には「自然な発声法では出せない高音部を、技巧的に発生する声」という意味があります。

「地声(じごえ)」の逆の意味があり、「地声」には「その人が生まれつき持っている声」という意味があります。

「裏声」は生まれつきの声ではなく、技巧的に高い声を出そうとして出る声を指す言葉になります。

「裏声」を出すときと、「地声」を出す時では、使用する筋肉が違うとされています。

そのため、安定した高音部を出すためには、訓練によって筋肉を鍛える必要があります。

また「声帯」の使い方も重要で、上手に使いこなせるようになることが必要です。

「裏声」には「ファルセット」「ヘッドボイス」「ミックスボイス」の3種類があります。

「ヘッドボイス」は芯のある裏声で、良く響く裏声になります。

「ミックスボイス」は地声と裏声をミックスさせた発声で、地声のような響きを持ちながら、高音部を出すという発声法になります。

「ファルセット」とは?

「ファルセット」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「ファルセット」はイタリア語で「falsetto」と表記します。

「ファルセット」「通常の声域より高い声で歌う唱法。

またその声域」
という意味があります。

男性が高い声を出したとき「ファルセット」と呼びます。

「ファルセット」には実声の成分が少なく、息漏れの多い声で、やや弱弱しい印象があるため、歌を歌うとき、せつなさを表現するにぴったりとされています。

「裏声」と「ファルセット」の違い

「裏声」「ファルセット」の違いを、分かりやすく解説します。

「裏声」には、「自然な発声法では出せない高音部を、技巧的に発生する声」という意味があります。

一方の「ファルセット」には、「通常の声域より高い声で歌う唱法。

またその声域」
という意味があります。

「ファルセット」「裏声」の種類の一つで、逆に言えば、「裏声」の中に「ファルセット」が含まれるということになります。

「ファルセット」「裏声」と言い換えることができますが、厳密にいえば「ファルセット」「ヘッドボイス」「ミックスボイス」という「3つの裏声の打ちの一つ」となります。

このように、「裏声」「ファルセット」には大きな違いがありました。

まとめ

「裏声」「ファルセット」の違いについて見てきました。

「ファルセット」「裏声」なので、2つの言葉を混同しがちになります。

しかし、「ファルセット」「裏声のひとつ」にすぎず、「裏声」「ファルセット」以外にも、「ヘッドボイス」「ミックスボイス」という歌い方があることを知っておくと良さそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典