スポンサーリンク

「補足」と「捕捉」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「補足」と「捕捉」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「補足」「捕捉」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「補足」の意味を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「補足」とは?

最初に「補足」の意味をご説明致します。

「補足」(ほそく)とは、十分ではない部分を見極め、その部分を補うことです。

「捕捉」とは?

次に「捕捉」の意味を解説していきます。

「捕捉」(ほそく)の場合は、対象物や人を捉えることです。

または、捕まえることなどを表現できる言葉となります。

分かりやすくいいますと、ロックオンということです。

「補足」と「捕捉」の違いとは?

ここでは「補足」「捕捉」の違いを取り上げてみましょう。

「補足」の場合は、中々伝わりにくい内容や、十分とはいえない事柄を、分かりやすく付け足すことです。

また、補う際にも使われる言葉となります。

「捕捉」の方は、対象となる人物や物などを、捉える場合と、捕まえることです。

前者は対象の物事に対し、補助の役割があります。

後者の方は、対象をロックオンしていることを指しているのです。

「補足」と「捕捉」の使い方の違い

この項目においては、「補足」「捕捉」の使い方の違いを説明します。

「補足」を使う場合は、複雑な内容等によって分かりにくいときなどに、分かりやすくするために補う際などに使います。

「捕捉」を使うときは、対象の内容や人、物を逃がすことなく捕まえるとき、捉える際に使うものです。

それぞれの使い方を取り上げます。

前者の使い方
「補足として付け足します」
「補足を書いておきました」
後者の使い方
「犯人を捕捉することに成功しました」
「中々捕捉できない」

「補足」を使った例文

ここでは「補足」を使った例文を書いていきます。

・『彼の補足は、なんだか分かりにくい。したがって、補足されない方がマシだ』
・『補足するからには、相手に分かってもらえるように説明する必要があるのだ』
・『補足として付箋を貼っておきましたので、確認してみてください』
・『補足説明としては以上となりますが、分からないことがあれば何でも聞いてください』
・『補足を箇条書きで黒板に書いている最中です』

「捕捉」を使った例文

最後の項目においては、「捕捉」を使った例文を書きます。

・『敵機を捕捉したものの、逃げられてしまった。次の空戦では必ず撃墜してみせる』
・『敵に捕捉されないように、高度5mで飛行せよ。との命令が出された。したがって明日から訓練に入る』
・『彼らの狙いを捕捉したので、こちらも打つ手はある』
・『襲撃犯を捕捉し、警官隊と襲撃犯との間で、熾烈を極める攻防が繰り広げられている』
・『刑事達は犯人を捕捉したようです』

まとめ

まとめとして「補足」とは、十分ではないものや、内容が複雑で伝わりにくいときに、補うことです。

場合によっては、付け足すこともあります。

「捕捉」の場合は、対象となる人や物、内容を逃さぬように捉えることです。

または、捕まえることなどを表現するときに使われる言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典