スポンサーリンク

「襟首」と「襟ぐり」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「襟首」と「襟ぐり」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

洋裁のブログなどを見ていると、ふとした言葉に迷うことがあります。

この記事では、「襟首」「襟ぐり」の違いを分かりやすく説明していきます。

ベストな言葉を選ぶ、ヒントにしていってください。

スポンサーリンク

「襟首」とは?

襟首(えりくび)とは、首の背中側のこと。

いわゆる、うなじのある所です。

ワイシャツで襟首といったら、エリの部分になります。

首回りに付いている布地のことです。

襟首とは首の後ろから、肩にかけてのパーツです。

後頭部の髪の毛が生えている所から、下を指すことが多いので「うなじ」「首筋」と同じような意味合いで用いられます。

昔ながらの学生服なら、詰襟やカラーと呼ばれる場所が「襟首」にあたります。

ちなみに最近のファッション業界のトレンドは付け襟です。

デコラティブで華やかな付け襟が、国内外で大人気になっています。

首もとにボリュームが生まれると小顔に見え、顔周りがぱっと華やかに見えるメリットがあります。

「襟ぐり」とは?

襟ぐり(えりぐり)とは、ネックラインのこと。

首回りの円いラインのことです。

おもに自分で洋服を仕立てるとき、ソーイングの世界で用いる言葉です。

襟ぐりとは「襟の形にえぐる」こと、また「襟の形に切り抜く」ことから生まれた言葉です。

襟ぐりを正しく測っておくと、首回りがヨレっとならない見映えのいいシャツがつくれます。

ちなみに襟ぐりを直線で測ったサイズを「襟ぐり幅」と呼んでいます。

襟ぐり幅が短めのものは、フォーマルで紳士的な印象。

襟ぐり幅が広いものは、胸もとに余裕が生まれるのでカジュアルでセクシーに見えます。

最近は襟ぐりにも、色々なデザインが生まれています。

ラウンドネックは女性らしい丸みを帯びた襟ぐりのこと。

オフショルダーは肩をあらわに出した、夏らしいネックライン。

ヘンリーネックは小さな襟が付いた、おしゃれなデザインの襟ぐりです。

「襟首」と「襟ぐり」の違い

どちらも「襟」という言葉が付いているので、違いが分かりにくいです。

「襟首」「襟ぐり」の違いを、分かりやすく解説します。

・ソーイングは襟ぐり

襟首は首のうしろのパーツのこと。

いわゆる、首筋のことです。

一方で襟ぐりは、ネックラインのこと。

洋服の首回りを指した言葉なので、主にソーイングの分野でつかわれる言葉です。

型紙をおこしたり、洋服をリフォームしたり、通販ショッピングで寸法を調べるときに用います。

よく使われるのは「襟首」ではなく「襟ぐり」になります。

まとめ

「襟首」「襟ぐり」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも「襟」が付いているため似ていますが「襟首」は首の後ろ側のこと。

ワイシャツの後ろ部分をあらわしています。

それに対して「襟ぐり」は洋裁のネックラインのこと。

首回りのデザインを決めるとき、洋服の寸法をチェックするときに用います。

ソーイングの世界でよく使われるのは「襟首」ではなく「襟ぐり」です。

襟ぐりはファッションのテイストを決める大きな要素になるので、丁寧にデザインを決めておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典