「見よう見まね」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「見よう見まね」とは?

何かをする時に「見よう見まね」という方法で行う事があります。

「見よう見まね」「みようみまね」と読み、様々な場面で使う事がある言葉です。

しかし今回始めて、「見よう見まね」という言葉を目にしたと言う人もいるでしょう。

その場合、バイト先などで、「『見よう見まね』で仕事を覚えて下さい」などと言われた時に、どのように仕事を覚えていいのか分からない人もいるかもしれません。

そこで、「見よう見まね」の意味や使い方を紹介します。

今後「見よう見まね」という言葉を聞いたとしても、もう戸惑う事はないでしょう。

「見よう見まね」の意味

「見よう見まね」には、どのような意味があるでしょうか。

「見よう見まね」とは、「人のするのを見て、そのまねをする事」という意味があります。

例えば、「見よう見まねで田植えをする」という場合、田植え経験者の動きを見ながら、そのまねをして田植えをする事という意味があります。

何かの動きを言葉で説明する事もできますが、経験者がやって見せて、その動きをそのまま真似した方が上手にできるようになるケースもあります。

ダンスやお芝居などのレッスンは、「見よう見まね」が基本になるでしょう。

このように、「見よう見まね」には、「人のするのを見て、そのまねをする事」という意味があります。

「見よう見まね」の言葉の使い方

「見よう見まね」という言葉を、どのような場面で使えばいいでしょうか。

何かを初めてする時は、本を読んだり、指導者からやり方を教わったりするケースもありますが、上手な人のまねをして、取りあえず動いてみるケースが多いと思います。

最近はヒット曲のダンスをまねして、動画撮影してSNSに投稿して楽しむ人がいますが、ダンスが上手な人は「見よう見まね」で、かなりオリジナルの動きに近づける事ができます。

このように何かを始める時に、本を読んだり、言葉で説明を受けるのではなく、見たままをまねする時に、「見よう見まね」という言葉を使いましょう。

「見よう見まね」を使った例文

「見よう見まね」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「見よう見まね」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「見よう見まね」の例文1

「A監督が初めて作った映画は、『見よう見まね』で作った作品だった」

何かを始める時は誰もが初心者で、正式な方法を知りません。

この例文に登場するA監督も、先輩監督やドキュメンタリーに登場する巨匠の姿などを見て、そのまねをして初めての作品を作ったようです。

映画作品に限らず、「見よう見まね」で作った作品が、高く評価される事があります。

標準的な作品を作るノウハウを知らなかった事が、傑作を生み出す要因になる事があるからです。

「見よう見まね」の例文2

「一つ上の兄の姿を見て、『見よう見まね』で野球を始め、B君はプロ野球選手になった」

この例文に登場するB君のように、「見よう見まね」で野球を始めとするスポーツを始めて、プロのアスリートまで上り詰める人がいます。

特に兄や姉がいる人の場合、近くに良いお手本がいるので、選手として成長しやすいかもしれません。

また、野球のバッティングや投球のように、理論よりもセンスが問われるような動きは、「見よう見まね」で学ぶのがいちばんの近道なのかもしれません。

「見よう見まね」の例文3

「『見よう見まね』で料理を作ったら、美味しくて驚いた」

この例文のように、料理も「見よう見まね」で作る事ができます。

ただし料理は、プロが作ったレシピに掲載されている分量を守る事が、美味しい料理を作るための近道です。

「見よう見まね」で作った場合、それほど美味しい料理を作れない事が多いのですが、この例文のように、美味しい料理を時々作る事もできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典