「見守る」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「見守る」とは?

「見守る」という言葉を知っているでしょうか。

「子供を見守る」両親の姿などを覚えているかもしれません。

一方で、「見守る」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「見守る」という言葉の意味を紹介します。

「見守る」の読み方

「見守る」「みまもる」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「見守る」「みまもる」と読みましょう。

「見守る」の意味

「見守る」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「見守る」には、「無事であるように注意しながら見る」という意味があります。

例えば「子供を見守る」という時は、子供が無事であるように、注意しながら見守るという意味があります。

このように「見守る」という言葉には、「無事であるように注意しながら見る」という意味があります。

「見守る」を使った例文や短文など

「見守る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「見守る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

「見守る」を使った例文1

「彼女と駅で別れ、雑踏に消えて行く姿を『見守る』」

この例文は、デートを終えて駅で彼女と別れた場面になります。

彼女が無事であるように、彼女の姿が雑踏の中に消えるまで見つめる様子を「見守る」と表現します。

「見守る」を使った例文2

「部下に仕事を任せ、『見守る』ことに徹する」

この例文は、ビジネスシーンで、部下に仕事を任せた上司の様子になります。

自分が先頭に立ち、仕事を進めた方が楽かもしれませんが、それでは部下が育ちません。

そこで、部下の様子や仕事の進行に気を付けながら見るだけにしようと決めたようです。

「見守る」の類語や類義語・言い換え

続いて「見守る」の類語や類似表現を紹介します。

「見守る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「看守」【かんしゅ】

「看守」には「見守ること」「見守る人」という意味があります。

また刑務所などで、「囚人の監督や警備に従事する人」「看守」と呼びます。

「ガード」

「ガード」には「攻撃や危険から身を守ること」という意味があります。

また「見張りや護衛をすること」という意味もあります。

「要人をガードする」という時は、重要人物を危険から守ることという意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典