スポンサーリンク

「見間違える」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「見間違える」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「見間違える」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「見間違える」とは?意味

「見間違える」とは、ある物や人、動物など様々なものについて、別の物と間違えたという意味を持つ言葉です。

「見間違える」の概要

「見間違える」とは、「みまちがえる」と読み、「見て」「間違える」という二つの言葉が繋がっています。

何かを「見た」時に、その「見た」物について全く違う物や、似ている物と「間違えた」際に「見間違える」と表現されます。

見て間違えるという意味のため、必ず視覚で物を見た場合に使用され、耳で聞いた事について間違える場合には「聞き間違える」と表わされます。

「見る」時間については、一瞬だけ見たなどの短い時間である場合が多く、じっくりと細部まで見る事が出来れば「見間違える」可能性も少なくなります。

しかし、しっかりと観察し細部まで見た場合でも、形状が非常に酷似している物については、見た時間に関係なく「見間違える」場合があります。

この事から、「見間違える」という現象が起きるのは、似ている物を一瞬だけ見た場合や、非常につくりが似ている物を見た場合に起こり得るという事になります。

「見間違える」の言葉の使い方や使われ方

「見間違える」対象については、人や物、動物など様々な物について表されます。

例えば、有名人に非常に似た人を街中で見た場合、しっかりと近づいて確認しないと有名人本人と「見間違える」という事が起きる場合があります。

「見間違えている」事を認識しないままだと、「見間違えた」人にとっては有名人本人と思い込み、間違えている事に気づく事はありません。

しかし実際に近づいてしっかりと確認する事で、本人ではなく似ているだけだという事が分かったと同時に、「見間違えていた」事を認識し、「芸能人と見間違えた」と表現されます。

このように実際に間違えている事に気付かない限り「見間違える」という表現はされず、それまでの間は本物だと思い込んでいるという事になります。

「見間違える」を使った例文

・『高校の同級生と全くの別人を見間違え話かけてしまい恥ずかしい思いをした』
・『泥酔していた私は隣の家を自宅と見間違える事で、危うく他人の家に帰ってしまうところだった』
・『彼と彼女は性別が違うので見間違えるはずなどない』

まとめ

「見間違える」とは、ある物や人、動物など様々な物について、別の物と間違えた際に使われる言葉です。

「見間違える」とはっきりと認識するには、間違えている事に気付く必要があるため、間違えに気付いていない状態の時は「見間違える」という考えには至らないため、この表現は使用されません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典