スポンサーリンク

「規制退場」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「規制退場」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「規制退場」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「規制退場」とは?意味

「規制退場」「規制」とは、「自由ではなく、一定のルールに従って」と言う意味で、「規制退場」とは「一定のルールに従って退場すること」を意味する言葉です。

この言葉は、主に大規模イベントなどにおいて、会場の座席をフロアーやブロックごとに分けて、主催者側のアナウンスに従って、順番に退場する方法を指す言葉です。

「規制退場」の概要

1万人以上を収容できるドーム球場等で行われる大規模イベントにおいては、イベント終了後に自由に退席すると、大勢の人が出口に殺到し、事故の原因となりかねません。

それを防止するために、「自由退場」ではなく、「規制退場」を行うのが一般的になっているのです。

混雑を緩和して事故なく退場できるようにする「規制退場」ですが、いくつかの出口を念頭に、どのフロアやどの座席ブロック順に「退場」する「規制」にすれば、よりスムーズに「退場」出来るかは、意外と難しく、最短の時間でスムーズに「退場」出来る方法をシミュレーションソフトを活用して決定したりもされています。

イベント会場に入場する場合には、会場を訪れる観客がバラバラな時間になるため、フロアーやブロック毎に入場口を決め、そこに列をなして、一気に多くの人が入場しない様に配慮されていますが、「規制入場」と言う表現は余り使われません。

主催者側がイベント参加者に要請する場合にも、一般的に「分散入場」「規制退場」に協力くださいと言った表現を使っています。

蛇足になるかも知れませんが、「規制退場」は、主催者側が決めた「退場」ルールに従う事が前提で成立するものです。

しかし残念ながらどんなルールも、破る人は必ず少数は居るもので、「規制退場」を守らない人と守っている多くの人の間で小競り合いが生じる事も、まま見られます。

将棋倒しの事故でも発生すれば、人命にかかわるため、「規制退場」のルールはしっかり守りたいものです。

「規制退場」の言葉の使い方や使われ方

「規制退場」の言葉は、以下の事例の様に使われます。

・『規制退場を守らずに勝手に退場しようとする人に、非難が殺到していました。』

・『規制退場のルールを守らない人達は、出口に観客が殺到すれば、将棋倒し等で大事故につながる危険がある事が理解できていないのでしょう。』

・『規制退場をせずに、自由に退場させるような主催者は、無責任で開催する資格がないと言えます。』

「規制退場」の類語や言い換え

「規制退場」「ルール順守の退場」「退場順番」「退場規制」などと言い換えることが出来ます。

まとめ

「規制退場」とは「一定のルールに従って退場すること」を意味する言葉です。

この言葉は、主に大規模イベントなどにおいて、会場の座席をフロアーやブロックごとに分けて、主催者側のアナウンスに従って、順番に退場する方法を指す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典