スポンサーリンク

「覚束ない足取り」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「覚束ない足取り」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「覚束ない足取り」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「覚束ない足取り」とは?意味

足元がしっかりしていなくて、頼りないことです。

「覚束ない」の主な意味は5つあります。

1つめは、物事がこれからどうなるのか疑わしいことです。

受験のことで考えてみます。

受験する学校は、これまでの成績から判断することが少なくありません。

この学校に入りたいと思っていても、成績が芳しくないこともあるでしょう。

なかなか成績が伸びないとき「この成績では合格は覚束ない」といったりします。

2つめは、はっきりしないです。

行動や言動が確かでないさまを意味しています。

何気なく過ごしていると、ある物事をはっきりと覚えていないことがあります。

そのようなさまを指して「覚束ない記憶」などといったりします。

3つめは、しっかりせず頼りないです。

頼れそうもないさまを意味しています。

4つめは、ぼんやりしているです。

視覚についてを指しています。

はっきりと見えない様子です。

5つめは、様子がはっきりせず不安だです。

様子がはっきりしないと、これからどうなるのかなど気になって、気持ちが安定しなくなることがあるでしょう。

そういったときの不安さを意味しています。

「覚束ない足取り」が意味しているものは、3つめの意味になります。

しっかりしていない様子のことです。

「足取り」とは、歩くときの足の動き方です。

足を一定の調子で動かしているとか、右左によれよれとしているとかの調子をいいます。

「覚束ない足取り」の概要

足の運びが頼りないことを意味している言葉です。

普段歩行するとき、右足を出して、左足を出してと意識することはないでしょう。

それでも、まっすぐに歩くことができます。

危なそうなところはどこもありません。

「覚束ない足取り」とは、こういった歩き方のことではなく、危なそうなところがある、しっかりとしていない歩き方をいいます。

たとえば、お酒を飲んだときです。

アルコールは中枢神経に働きかけるため、一時的に運動機能に障害が現れることがあります。

しっかり歩けなくなるのも、運動機能に障害が現れているからです。

このとき、足の運びがしっかりしておらず、周囲から見ると頼りなく感じられます。

このときの様子です。

幼児もこのような歩き方をすることがあります。

歩く練習をしているときや、歩けるようになったばかりのころは、転んでしまいそうで頼りなく感じられます。

「覚束ない足取り」の言葉の使い方や使われ方

足の運びのことを指して使用します。

健康維持などのためにウォーキングをするときのしっかりした歩き方ではなく、お酒を飲んだときのような頼りない歩き方をいいます。

「覚束ない足取り」の類語や言いかえ

「足もとが頼りない」が似たような意味を持っている言葉です。

足が地面につくところがしっかりしていないさまを指しています。

まとめ

普段歩くときには意識しなくてもしっかり歩いていますが、ある状態のときにはふらついたり、頼りなく感じられたりすることがあります。

そのときの様を指している言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典