スポンサーリンク

「親ガチャ失敗」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「親ガチャ失敗」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「親ガチャ失敗」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「親ガチャ失敗」の意味

「親ガチャ失敗」とは「良い親の元生まれることができなかった」という意味になります。

「親ガチャ失敗」の解説

「親ガチャ失敗」「ガチャ」とは、ゲームのガチャガチャのことです。

ガチャガチャとは何が出るか選べない、開けてみないと何が入っているかわからないというものです。

つまり子供は親を選ぶことはできないという意味が「親ガチャ」なのです。

それが「失敗」ということは、自分にとって良い親ではない、悪い親の元生まれてしまったという意味となるわけです。

「親ガチャ失敗」のわかりやすい例としては、子供を虐待する親、借金をして子供に迷惑をかける親、一見まともに見えてとんでもない毒親などがあげられるでしょう。

それ以外にも自分にとって相性が悪い親などを「親ガチャ失敗」と表現することもあります。

「親ガチャ失敗」の使われ方

「親ガチャ失敗」とは子供側が、自分と親の関係性の悪さ、親の最悪さを自虐的に言う時に使います。

それでは使い方の例をいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

「親ガチャ失敗で、自分は苦労が多かった、老後の面倒なんか見ない」

「我が子に将来、親ガチャ失敗とか言われないよう頑張る」

「親ガチャ失敗してるけど、友達、恋人には恵まれているので今は幸せ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典