スポンサーリンク

「親フラ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「親フラ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「親フラ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「親フラ」の意味

「親フラ」とは「親が現れる予兆」という意味。

「親フラ」の解説

「親フラ」とは「親フラグ」の略語です。

「フラグが立つ」という言葉がありますが、これは「何かが起こりそうな予兆」という意味になります。

つまり「親フラグが立つ」というわけで、親がやって来るかも、親が現れるかもといった場面において「親フラ」という言葉が使われます。

例えば動画の配信中に親が画面に映り込むこと、親が部屋に入って来ることがあります。

その際に「親フラ、大丈夫」「親フラが立った」などと言います。

他にスカイプ、SNSなどを一時中断する時にも「親フラ」と使うことができます。

「親フラ」の使われ方

「親フラ」とは、親が現れる予兆といった意味で使います。

「フラグが立つ」という言葉とセットで覚えておきますと、使い方は簡単に理解できます。

それでは「親フラ」を使った例をいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

「両親の留守中に配信しますので、親フラの心配はゼロです」

「親フラは回避したいので、明日の昼間にしよう」

「親フラがあるとなぜか神回ってなるけど、俺は嫌だ」

「親フラされて文句言ったら、両親から説教されて大変なことになった」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典