スポンサーリンク

「親切」と「優しさ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「親切」と「優しさ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「親切」「優しさ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「親切」とは?

「親切」「しんせつ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「相手の身になり、ためになる行為をすること」という意味で、相手にとって状況が良くなったり、役立つ行動をすることを言います。

2つ目は「思いやりを持って人の為に尽くすこと」という意味で、人のためにあれこれと気を使ってあげることを言います。

上記に共通するのは「相手の為に行動する」という意味です。

「親切」「親を切る」ではなく、「切に親しむ」、つまり、「非常に親しくする」という意味です。

「親切」の使い方

「親切」「相手の身になり、ためになる行為をすること」「思いやりを持って人の為に尽くすこと」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「親切だ・である」と使われたり、形容詞として「親切な」と使われたり、副詞として「親切に」と使われたりします。

基本的に、相手のことを思い、役に立つ行動をしてあげる様子に使われる言葉です。

「優しさ」とは?

「優しさ」「やさしさ」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「見た目や雰囲気が上品で美しいこと」という意味で、その人や物がかもしだす、やわらかさや上品さのことを言います。

2つ目は「他人に対して細やかで思いやりのあること」という意味で、相手の心情を理解して、思いやる気持ちのことを言います。

3つ目は「温和で好ましいこと」という意味で、素直で大人しい性質のことを言います。

4つ目は「好ましくない影響を与えない」という意味で、相手にとって刺激が少ない様子を言います。

5つ目は「控えめで慎ましいこと」という意味で、感情的にならない様子を言います。

上記に共通するのは「穏やかに接する」という意味です。

「優しさ」の使い方

「優しさ」「見た目や雰囲気が上品で美しいこと」「他人に対して細やかで思いやりのあること」「温和で好ましいこと」「好ましくない影響を与えない」「控えめで慎ましいこと」という意味で使われます。

名詞として「優しさがある・ない」「優しさに満ちる・満ちた」などと使われ、形容詞形は「優しい」になります。

基本的に、相手に対して穏やかで、思いやりのある態度を取ることに使われる言葉です。

「親切」と「優しさ」の違い

「親切」「相手のことを思い、役に立つ行動をしてあげる様子」という意味です。

「優しさ」「相手に対して穏やかで、思いやりのある態度を取ること」という意味です。

「親切」の例文

・『困った時に見知らぬ人に親切にしてもらった』

・『歯科医が親切に対応してくれた』

・『財布を落としたが、親切な人が警察に届けてくれていた』

・『あれは人の親切を無にする行為だ』

「優しさ」の例文

・『声から優しさがにじみ出ている』

・『彼は優しさが仇になり騙されてしまった』

・『優しさに満ち溢れた両親に育てられた』

・『彼は言葉に優しさが感じられる』

まとめ

今回は「親切」「優しさ」について紹介しました。

「親切」「相手の為に行動すること」「優しさ」「思いやりのある態度」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典