「親睦を深める」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「親睦を深める」

親睦を深めるというのは「しんぼくをふかめる」と読み、いっそう仲良くなる事という意味を指しています。

交流して親密さを増やすことという意味があり、それを目的とした親睦会などがあります。

「親睦を深める」の意味

親睦を深めるという言葉は親交が深まるということを目的としており、そのために親睦会や懇親会などが開かれるのです。

例えば職場でも親睦を深めるために飲み会などが行われることもありますし、自治会においても親睦を深める催しが行われることもあります。

「親睦を深める」の言葉の使い方

親睦を深めるという表現は職場などでよく使われる言葉であり、例えば学校で教職員同士が親睦を深める、同僚で親睦を深める、部署内のもので親睦を深める、などと使われることがあるのです。

「親睦を深める」を使った例文・短文(解釈)

それならば、親睦を深めるという表現はどのような文脈で使われるのでしょうか。

ここでは親睦を深めるという表現が使われた例文をいくつか紹介します。

「親睦を深める」の例文1

「教職員が親睦を深めるために、今度親睦会を開催します。皆さん奮ってご参加下さい」

職場などでは親睦を深めるため、新年度に親睦会が開かれることがあります。

特に桜が咲く時期は新入社員等新しいメンバーを迎えて親睦会を兼ねたお花見を行うこともあるのではないでしょうか。

あるいはゴールデンウィーク明けなどは親睦会が開かれやすい時期であり、歓迎会を兼ねて飲み会などが行われています。

このような会費は親睦会費として賄われることもありますし、それぞれ教職員等から集められることもあります。

「親睦を深める」の例文2

「学会の後には親睦を深めるためにレセプションをご用意しておりますので、ご都合のよろしい方はぜひご参加ください」

学会等が行われた場合、全国から集まった研究者たちが親睦を深められるようにレセプションなどが行われることがあります。

学会が行われている場所の食堂などでパーティーが開かれることもありますし、レストランなどで親睦会が行われることもあります。

多くの場合は5000円から10,000円ほど支払って参加することになるでしょう。

他の地域から来た研究者だと交流を深めるためにも、親睦会は積極的に参加した方が良いと言われています。

「親睦を深める」の例文3

「近所の親睦を深めるために、今度食事会を開催しましょう。都合の良い日を教えてください」

最近は近所付き合いも非常に大切になってきています。

特に少子高齢化が進んだことにより一人暮らしのお年寄りなども増え、コミュニティーで助け合うことの大切さが再認識されているのです。

そのため近所にどのような人が住んでいるのか把握するために、そして近所の人と何よりも親睦を深めるために、親睦会という名目で食事会などが開かれることもあります。

実は若い人はこのような食事会を面倒くさがり参加しない傾向にありますが、ぜひ積極的に参加して親睦を深めたいものです。

「親睦を深める」の例文4

「この職場では親睦を深めるという名目の飲み会が行われているものの、参加者が本当に少ない」

職場などではいろいろ話し合いをするために飲み会が行われることもありますよね。

しかし飲み会という名目ではあまり聞こえが良くないということから、親睦を深めるという名目で飲み会が開催されることがほとんどです。

その一方で、なかなか目的通りの飲み会ができないと参加者が減ってしまうというデメリットもあります。

家庭がある人の場合は頻繁に飲み会に行くわけにはいきませんし、出費が厳しいということもあるでしょう。

飲み会をするのであればあまり頻度を増やすのではなく、誰もが参加しやすいものを開催したいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ことわざ・慣用句
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典