スポンサーリンク

「言いづらい」と「言いにくい」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「言いづらい」と「言いにくい」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「言いづらい」「言いにくい」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「言いづらい」から見ていきましょう。

スポンサーリンク

「言いづらい」とは?

最初に「言いづらい」の意味をご説明致します。

「言いづらい」とは、相手に対して物事を伝える際に、辛さなどが自分に伴ってしまうことを表しております。

「言いにくい」とは?

次に「言いにくい」の意味を解説していきます。

「言いにくい」の場合は、対象になる内容を、口に出すことが、躊躇いの気持ちが生じることです。

また、発音が難しい言葉などにも、この表現を用いることがあります。

「言いづらい」と「言いにくい」の違いとは?

ここでは「言いづらい」「言いにくい」の違いを取り上げてみましょう。

「言いづらい」の場合は、相手に伝える内容そのものが、自分にとっても辛いことです。

場合によっては、相手にも辛さを伴うことがあります。

「言いにくい」の方は、相手に対して、口にするときに、躊躇ってしまうことです。

「言いづらい」と「言いにくい」の使い方の違い

この項目においては、「言いづらい」「言いにくい」の使い方の違いを説明します。

「言いづらい」を使う場合は、対象とされる内容を、相手に伝えるときに、精神的に辛い際に使われます。

「言いにくい」を使うときは、どちらかと言いますと、友人や知人に対して伝えるときに、躊躇ってしまうときに使うことが多いのです。

それぞれの使い方を取り上げます。

前者の使い方

「非常に言いづらいが、このビジネスモデルは、すぐにどん詰まりなってしまうと思います」

「命令を伝えるときに、言いづらいことがあっても、伝えることが軍人なのだ」

後者の使い方

「言いにくいセリフを任されてしまったので、練習しよう」

「とても言いにくいのだが、旦那さんは浮気しているようです」

「言いづらい」を使った例文

ここでは「言いづらい」を使った例文を書いていきます。

・『言いづらいことを言ったあとは、とても悲しい気持ちになってしまう』

・『言いづらいことでも、言わないことには、何も始まらないのも事実なんだ』

・『とても言いづらいことだが、余命は半年だ』

・『言いづらいことを伝えるときは、前置きをしながら伝えるようにすることで、苦痛が和らぐだろう』

・『言いづらいが、今の音楽は、音そのものが悪いと思います』

「言いにくい」を使った例文

最後の項目においては、「言いにくい」を使った例文を書きます。

・『父親には言いにくいが、父親にお金を用立ててもらおうと思います』

・『同僚が仕事できない。本人には、言いにくいので、上司に相談してみよう』

・『言いにくい単語がある』

・『言いにくいことだけど、利益にならないことは、一切興味がありません』

・『言いにくいときは、誰かに仲を取り持ってもらう方法も、考える必要があります』

まとめ

まとめとして、「言いづらい」の場合は、対象になる内容を相手に伝えるときに、精神的に辛いことです。

また、「言いにくい」とは、相手に伝える際に、躊躇いの気持ちを持ってしまうことになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典