スポンサーリンク

「言い過ぎてしまう」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「言い過ぎてしまう」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、言いすぎてしまうの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

言いすぎてしまうとは?意味

言いすぎてしまうとは、頭で言うことを考えずに相手を言葉で追い込んでしまうことを意味しています。

言っている間に興奮した人は自分の言いたいことを何度も言ったり、強い口調で話して相手に強いストレスを与えるという意味合いもあります。

言いすぎてしまうの概要

言いすぎてしまうは、相手へ普通に話すつもりが高ぶる気持ちが抑えきれなくなり、いつのまにかずっと一方的に話している状態のことを指す言葉です。

日頃から相手に伝えたいことを溜め込んでいる人や、人のことが気になってしまう心配性の人につい言いすぎてしまう傾向が見られますが、相手へ不満があるとき、その不満をぶつけようと話しているとき、ヒートアップして感情を抑えきれなくなり、熱くなった感情を言葉でぶつけてしまうとき、言いすぎてしまうことがあります。

また、言わないと相手の悪いところが改善されないとき、改善させるためにもしっかり注意しようと話していたら人の話をしっかり聞かないは、態度が悪いとき、頭にきてつい言いすぎてしまう場合もあります。

真剣に話しているというのに、そんな気持ちが通じないと話している人はしっかり話を聞いてもらわなければと思い、言いすぎてしまうのです。

言いすぎてしまうの言葉の使い方や使われ方

言いすぎてしまうの使い方は、相手に自分が本当に伝えたいと思う本音をぶつけたいと思うとき使います。

相手を思うからこそ伝えたいことを言葉にして伝えたいと思った人は本気で注意し、忠告をしたいと考えます。

そんな熱い気持ちを持って話すとき、興奮して気持ちが高ぶってしまうときに使う言葉です。

また、相手の話を聞いていないとき、聞いてほしいという感情が強くなると言いすぎてしまいます。

自分の気持ちが通じないとき、真剣に話しているのに、話を真面目に聞いてくれないとき怒りが込み上げた人が使う言葉です。

そして、「言いすぎる」「言いすぎた」と使います。

言いすぎるは自分に対して使う言葉で、言いすぎたは過去形でやってしまった自分を反省するとの意味があります。

そして、今の悪い状況を改善したいと思うときや、その人の悪い癖を直してあげたい、気持ちをしっかり伝えられる言葉です。

言いすぎてしまうを使った例文(使用例)

言いすぎてしまうを使った例文をご紹介します。

・言いすぎてしまう自分の悪い性格を直したいと思う。

言いすぎてしまう自分の性格が悪いと感じた人はその性格を直したいと思いますが、なかなか直すタイミングがつかめず、うまく改善できないことを悩んでいます。

自分でも言いすぎるところを反省している気持ちも込める使い方をします。

・お金の使い方が悪い彼女につい言いすぎてしまった。

彼女を愛しているので、お金の使い方を見直してもらうためにも注意したが、言いすぎてしまった自分のことで反省している例文です。

お金が絡んでくると、いくら好きな人でもつい言いすぎてしまう例えでもあります。

・いつも言いすぎてしまう私は人をひどく傷つけてしまい、後で後悔する。

普段から言いすぎてしまう人は、自分でもそのことに深く反省し、後悔しています。

言葉で人を傷つけてしまったことを反省する気持ちを表すときに使えます。

まとめ

言いすぎてしまう人は感情が高ぶりやすかったり、人のことを心配しすぎてしまう性格の人が多い傾向が見られます。

もっと自分の感情をコントロールする工夫して、言いすぎてしまうその性格を改善する努力もして、人に言いすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典