「言う」と「語る」違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「言う」と「語る」違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「言う」「語る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「言う」とは?

「言う」とは、「思ったことを言葉にして表現すること」「言葉を話すこと全般」を意味している表現です。

「言う」という表現は、「一言二言のような比較的短いセンテンスで話すこと」「反射的に意味のない声を上げること」といった意味合いも持っています。

例えば、「彼は自分の意見を言いました」「怪我をしてうっと言ったきり、言葉がありませんでした」などの例文で使えます。

「語る」とは?

「語る」とは、「聞き手に対して、ある程度まとまった内容・説明・事情などを聞かせること」を意味している言葉です。

「語る」という言葉は「ちょっとした短い言葉を話す」のではなく、「まとまった物語性(ストーリー)・意味・プロセス(過程)があるような比較的長い話をすること」を意味しているのです。

例えば、「祖父が戦争の時代について語ってくれました」「古い友人と再会して、いろいろなことを語り合いたい気持ちになりました」などの文章で使用されます。

「言う」と「語る」の違い!

「言う」「語る」の違いを、分かりやすく解説します。

「言う」「語る」「言葉を話すこと」を意味しているという点ではよく似ていますが、「言う」のほうが「語る」よりも「幅広い意味で言葉を話すこと全般・思ったことを言葉で表現すること」を意味している違いがあります。

「言う」の表現は「思ったことや意味のあることを話す」の意味もありますが、「一言二言の短いセンテンスで話す・反射的に声を上げる」といった意味合いも持っています。

この「言う」が持っている「短い言葉を話す・意味のない反射的な叫び声などを上げる」の意味は、「語る」にはありません。

反対に、「語る」「言う」にはない、「比較的長い説明・事情などを相手に聞かせること」「まとまった内容やストーリーのある話をすること」といった意味を持っている違いもあります。

まとめ

「言う」「語る」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「言う」とは「言葉を話すこと全般」「一言二言のような比較的短い言葉を話すこと」を意味していて、「語る」「ストーリーやプロセスのある比較的長い話をすること」「まとまった内容・説明・事情などを聞かせること」を意味している違いがあります。

「言う」「語る」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典