「言葉」と「言霊」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「言葉」と「言霊」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「言葉」「言霊」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「言葉」とは?

「言葉」とは、人が発する音声のまとまりで、その社会において意味をもっているものを言います。

感情、思いが音声、もしくは文字として表現されたものが言葉です。

つまり声を出していても、意味のない音声であればそれは「言葉」ではありません。

「言霊」とは?

「言霊」とは、「言葉」にあると信じられた呪力のことを言います。

昔のことだけではなく、現在においても「言霊」の力はあると信じられています。

例えばいい言葉を言えばいいことが起こる、悪い言葉を言えば悪いことが起こるといった考え方は「言霊」の力を信じているからとも言えるでしょうか。

「言葉」と「言霊」の違い!

「言葉」「言霊」の違いを、分かりやすく解説します。

「言葉」とは、人が発する音声のまとまりで、意味を持っているものを言います。

ただ声を発しているだけで、意味がなければ「何か、唸っている」「声を上げている」というだけで「言葉」としては認識されないでしょう。

一方の「言霊」とは「言葉に宿るパワー」とでもいいましょうか。

その「言葉」を言えば、何らかの影響を及ぼすと信じられていたのです。

いい意味では「祈り」、悪い意味では「呪い」という風に解釈しますとわかりやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「言葉」「言霊」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの意味を正しく理解して、使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典