スポンサーリンク

「託ける」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「託ける」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「託ける」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「託ける」とは?意味

「かこつける」とも「ことづける」とも読むことができます。

「かこつける」と読むと、直接関係ない事柄と結びつけて、都合のいい言い逃れをすることです。

「ことづける」と読むと、「かこつける」と読んだ場合と同じ意味の他、伝言や品物を人に頼んで伝えたり、渡したりしてもらうことという意味があります。

漢字では「言付ける」とも書きます。

「託ける」の概要

ここでは「かこつける」と読んだ場合の意味で解説をします。

来客があったときのことで考えてみます。

この家の旦那さんはお酒が好きです。

本当は昼間から飲みたいのですが、それは奥さんにとめられています。

あるとき、来客がありました。

この人もお酒が好きです。

来客があったときに、お酒をふるまう家は珍しくないでしょう。

そこで、まだ昼間でしたが、この家の旦那さんは来客を理由にお酒を飲むことにしました。

来客とお酒は本来関係がないものです。

来客は旦那さんと話したかっただけ、渡したいものがあっただけなどの理由で訪れているのであり、お酒を飲むことを目的にして来たのではありません。

来客とお酒は関係ないことですが、お酒を飲みたいために、都合よく来客とお酒を結び付けています。

これを「託ける」といいます。

今度は会いたい歌手に会おうとすることで考えてみます。

この人は音楽関係の仕事をしています。

ある歌手が好きで、会ってみたいずっと思っていました。

しかし、音楽関係の仕事をしていても、その歌手に会うことはありませんでした。

どうしても会いたかったため、あるとき、その歌手へのインタビューを企画しました。

これは仕事です。

歌手のことが好きというのはファンとしてであり、仕事とは関係ないことです。

しかし、仕事を都合よく使って歌手に会おうとしています。

これは「仕事に託けて会おうとする」ということができます。

「託ける」の言葉の使い方や使われ方

本来は関係ないことなのに、他の物事と結びつけて、都合のよい言い逃れにすることを指して使用します。

関係あるもの同士を結び付ける場合には使用しません。

「託ける」の類語や言いかえ

「言い逃れる」「他のもののせいにする」が似たような意味を持つ言葉です。

「言い逃れる」には、うまく話しをそらせたり、でまかせをいったりして、責任を逃れるという意味があります。

「他のもののせいにする」とは、たとえば、買い物に行ったら欲しいものがあり、本当は購入するつもりはなかったのだけれど、安いことを理由に買うなどです。

「この商品が安いからいけないのだ」と言うような場合をいいます。

購入してしまったのは「安い」ということのせいにしています。

まとめ

関係ないことと結びつけて、なにかと都合のよい解釈をしたくなることがあります。

また、自分が責められないように、他のものと結びつけて都合よくしたくなることもあります。

そんなことを指す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典