「許します」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「許します」

許しますというのはサ行5段活用の動詞、「許す」の連用形である「許し」に対して丁寧の助動詞、「ます」をつけた形になります。

つまり、許しますという表現は許すという表現と同じ意味であるということになるのです。

許すという表現は差し支えないと認める、咎めだてしないとことにする、などといった意味を持っており、気を緩めるなど、緩めるという意味でも使われることがあります。

「許します」の意味

許しますというのは、その相手に対して「あなたの罪や過失を咎めません」「あなたの希望を聞き入れて願い通りにします」などといった意味を持ちます。

例えば、謝罪した相手に対して「許します」ということもできますし、誰かの申し出に対して「1時帰宅を許す」などといった使い方も可能です。

義務や負担を免除するという意味もありますし、その水準に達したということを認めるという意味も持っています。

そして許しますというのはその対象に対して「許す」という表現を用いているということになるのです。

「許します」の言葉の使い方

許しますという言葉はあくまでも許す対象に対していう丁寧語であり、目上の人に対して発言しているということがわかります。

例えば「あなたの罪を許します」「税金の支払いを許します」などといった使い方ができます。

「許します」を使った例文・短文(解釈)

それならば許しますという表現を使うとどのような文章ができあがるのでしょうか。

ここでは許しますという表現を使った例文をいくつか紹介します。

「許します」の例文1

「あなたの過ちを許します、これから二度としないようにしてください」

人間は誰であっても過ちを犯すことがあります。

そして何か悪いことをしたら基本的には謝れば何の問題もないのです。

しかしその謝罪の言葉を言わなかったということでトラブルが大きくなってしまう事は誰にでもありますよね。

トラブルが大きくなる前に、たった一言相手に対して「ごめんなさい」と言えば問題が解決する事は多いものです。

そして誰かからごめんなさいと言われたら、しっかりと相手も許したいものです。

面と向かって「許します」という事は少ないかもしれませんが、このような言い回しはぜひ覚えておきましょう。

「許します」の例文2

「あなたに免許皆伝を許します」

許すという言葉にはある水準に足しているということを認めるという意味もあります。

そのため、例えば昇段試験などを受けた人に対し、「あなたに進級を許します」「免許皆伝を許します」などといった使い方があります。

例えば、最近は大河ドラマなどの影響もあり、新選組が人気ですよね。

新選組の沖田総司は免許皆伝だったと言われています。

「許します」の例文3

「あなたにこのサービスの利用を許します」

世の中には様々なサービスがありますが、そのサービスを受けるためにはそれなりに条件を満たしていなければいけないということがありますよね。

そんな時、「あなたは条件を満たしています」「あなたにサービスの利用を許可します」という意味で「許します」という言葉が使われることがあるのです。

「許します」の例文4

「これから先の侵入は許しません」

許しますという表現の打ち消しの言葉は許しませんという言葉になります。

例えば、ノーフィクションの物語などにおいて敵が攻め込んできた場合、「これ以上は侵入させない」などという意味で「これから先の侵入は許しません」と表現することがあります。

これは許可しない、させない、という意味であり、あえて丁寧語を用いることによって相手を威嚇しているという意味をもたらします。

許しますという表現は打ち消して使われることも多いため、相手に対して許可しない、許さない、という場合は許しません、という表現が用いられるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典