「詳細内容」と「概要」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「詳細内容」と「概要」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「詳細内容」「概要」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「詳細内容」とは?

「詳細内容」の意味と使い方について紹介します。

「詳細内容」の意味

「詳細内容」「しょうさいないよう」と読みます。

意味は「あるものについて、中味の細かい部分に至るまで説明されていること」です。

「詳細内容」の使い方

「詳細内容」は、あるものについて、中味の細かい部分まできちんと表されていることを言います。

基本的なものがあり、それに対して更に詳しい説明がある時に使われます。

「詳」「くわしい」とも読み「ものごとの細部にわたってはっきりしている様子」という意味、「細」「こまかい」とも読み、「くわしい」という意味、「詳細」「ものごとの細部にわたってはっきりと、詳しくすること」という意味になります。

「詳細内容」は、最初に示された基本的な内容とセットであったり、別々になっていて必要に応じて手に入れることもあります。

「概要」とは?

「概要」の意味と使い方について紹介します。

「概要」の意味

「概要」「がいよう」と読みます。

意味は「全体の要点をとりまとめたもののこと」です。

「概要」の使い方

「概要」は、あるものごとのおおまかな内容のことを言います。

そのものごとにかんして大切な点をまとめたもので、そこを読めば大体何を意味しているのか分かります。

論文や説明文などでは「あらまし」と言われることもあります。

「概」「おおむね」とも読み「おおよそ」という意味、「要」「かなめ」とも読み「大切なもの」という意味、「概要」「おおよその大切なもの」という意味になります。

ある内容や情報についてまとめて、読み手が理解し易くする為の文章です。

「詳細内容」と「概要」の違い!

「詳細内容」「中味の細かい部分に至るまで説明されていること」です。

「概要」「全体の要点をとりまとめたもののこと」です。

まとめ

今回は「詳細内容」「概要」の違いをお伝えしました。

「詳細内容はよりくわしい説明」「概要はざっくり」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典