スポンサーリンク

「認識」と「理解」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「認識」と「理解」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「認識」「理解」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「認識」とは?

「認識」「にんしき」と読みます。

意味は、「あるものごとの存在や状態などを知って踏まえること」です。

自分の意識の中で、あるものごとが存在している、その様な状態であると思い、その考えを常に持ち続けることを言います。

特に深く考えてたり、追求することではなく、そのもののあるべき姿を知っている状態に使われます。

頭の中で考えることであり、日常生活に自然に影響を与える知識になります。

「理解」とは?

「理解」「りかい」と読み、以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「ものごとの意味や内容を正しく受け入れること」という意味で、「問題の解き方を理解する」などと言います。

2つ目は「他人の気持ちや立場を察すること」と言う意味で、「彼の立場は理解できる」などと言います。

上記に共通するのは「考えて悟る」という意味です。

頭の中で道理や筋道を正しい方向へ考える能力を表します。

「認識」と「理解」の違い!

「認識」「あるものごとの存在や状態などを知って踏まえること」です。

「理解」「ものごとの意味や内容を正しく受け入れること」「他人の気持ちや立場を察すること」です。

まとめ

今回は「認識」「理解」の違いをお伝えしました。

「認識」「知って踏まえる」「理解は考えて悟る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典