スポンサーリンク

「認識する」と「意識する」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「認識する」と「意識する」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「認識する」「意識する」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「認識する」とは?

「認識する」とは、物事を知り、意味や本質、意義をはっきりと理解することです。

単純に「知覚する」という意味で用いる場合もありますが、本来は「深く知る」「正確に理解する」という意味があります。

「意識する」とは?

「意識する」とは、物事や対象に気が付き、気にかけているときに使う言葉です。

「注意を向ける」という意味で用います。

「認識する」と「意識する」の違い

「認識する」「意識する」の違いを、分かりやすく解説します。

「認識する」「意識する」も、とある対象について考えているときに用いる言葉です。

しかし「認識する」という言葉には、「理解する」という意味があります。

対象についてより知識を得て、意義や本質を知ったとき、「認識する」という言葉が使われます。

これに対し「意識する」という言葉は、「気付く」「気にかける」という意味です。

対象について気になっているとき、「意識する」という言葉を用います。

対象への理解が進んでいないときにも、「意識する」という言葉は使うことができます。

逆に、対象について理解を深めた状態でないと、「認識する」という言葉は用いられません。

まとめ

「認識する」は、深く知る、本質を理解する、という意味です。

「意識する」は、気にかける、注意を向ける、という意味です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典