スポンサーリンク

「認識を得る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「認識を得る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「認識を得る」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「認識を得る」とは?意味

「認識を得る」とは、「何らかの学習・教授・情報などによって、ある物事について知ること」を意味しています。

「認識を得る」という言い回しには、「ある物事の本質・事実について、正しい知識や新しい考え方を得ること」といったニュアンスが伴っています。

「認識を得る」というのは、「今まできちんと理解していなかった事柄について、知識・情報を手に入れることによって知る」を意味している一般的な表現なのです。

「認識を得る」の表現が持っているニュアンスとして、ある学習経験・情報伝達などによって「新しくその物事について知る+正しくその物事について理解する」があります。

「認識を得る」の概要

「認識を得る」の表現は、「認識という名詞」「得るという動詞」を組み合わせて作られている表現です。

「認識」の名詞は、「ある物事の内容や存在を知ること」「対象となっている物事の本質的な特徴・意味を理解すること」といった意味合いを持っています。

専門用語・哲学的タームとしての「認識」には、「意思・情緒(感情)・意欲などと並ぶ意識の持つ複数の機能の一つで、ある物事・内容の本質について正しく知るための力」といった意味が備わっています。

「得る」の動詞はそのまま、「手に入れること・獲得すること・自らのものにすること」を意味しています。

それらの意味から「認識+得る=認識を得る」で、「ある事柄のエッセンス・本質について正しく理解すること」の意味になります。

「認識を得る」の言葉の使い方や使われ方

「認識を得る」の言葉は、「学習・読書・ニュース・教授・伝聞などによって、ある事柄の内容・本質・意味について知ること」を意味して使う使い方になります。

「認識を得る」「知る」と近い意味合いで使われますが、「知る」よりも「その物事の本質的な部分や正しい情報について理解する」といった意味のニュアンスが強くなっています。

また「認識を得る」の使われ方として、「今まで知らなかったことについて知ること」を示唆して使われることもあります。

例えば、「米国留学の経験によって、多民族国家の文化状況についての認識を得ました」などの文章で使われるのです。

「認識を得る」を使った例文(使用例)

・『現在の東アジア情勢と日本の立つべき位置づけの認識を得ていなければ、日本国の首相や外務大臣といった重職の責任を果たすことはできません。』

・『外国人の男性と交際をしていた時に、国際結婚の実情についてある程度の認識を得ることはできました。』

・『救急医療の専門家として研究や臨床を続けてきたお陰で、一通りの病気・怪我に対する緊急的対処の認識を得られました。』

まとめ

「認識を得る」という表現について詳しく説明してきましたが、いかがでしたか?

「認識を得る」というのは、「ある対象についての知識・情報を入手することで正しく知ること(=対象になっている事柄の本質・意味をとらえて知ること)」を意味しています。

「認識を得る」という言い回しの意味や使い方を知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典