「誤解」と「勘違い」の違いとは?分かりやすく徹底解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「誤解」とは?

「誤解」とは、ある事実について、間違った理解や解釈をしたり、相手の言葉などの意味を取り違えるなど思い違いをすることを意味しています。

「誤解」をするなど、日常生活の中でもよく使う言葉なので、意味をきちんと理解した上で活用していくことが重要になります。

「勘違い」とは?

「勘違い」とは、間違って思い込むこと・思い違いをすることを意味しています。

よく「勘違い」をしていたなど日常生活でも活用する機会も多いですし、色んな場面で用いられるので意味をここではきちんと理解しておきましょう。

やはり、文章作成する際には意味を理解することでスムーズに活用することができます。

「誤解」と「勘違い」の違い

「誤解」「勘違い」の違いについてご紹介します。

「誤解」とは、ある事実について間違った理解や解釈をすることで、そのまま「誤解」したまま過ごすなど、事実とは違った捉え方をしていることを意味しています。

「勘違い」は、受け取り方を間違ってしまい、うっかりミスなど「勘違い」するなど日常的によく使う言葉です。

意味の違いをきちんと把握することは重要になります。

「誤解」の用例

「誤解」の用例をご紹介します。

「君は誤解しているんだよ!目を覚ましてくれないかな」

君は間違った捉え方をしているんだよ!目を覚ましてくれないかなという解釈になります。

君は間違った受け取り方「誤解」しているので、目を覚ましてくれないかなと訴えている様子がわかります。

「誤解を解くことは関係を改善するために大切なことです」

間違った受け取り方を解くことは、関係改善のためにも大切なことですという解釈です。

「誤解」したままの関係だと、やはり関係がギクシャクになり、色々と問題悪化することもあるため、きちんと「誤解」を解くことは大切になります。

「誤解せずにきちんと理解することは重要です」

誤った受け止め方をせずにきちんと理解することは重要ですという解釈です。

「誤解」せずにきちんと正しく理解して受け止めることは重要だということを意味している様子がわかります。

「勘違い」の用例

「勘違い」の用例をご紹介します。

「問題を勘違いしたことで解答が全て間違ってしまった」

問題を間違って思い込んでしまったことで、解答が全て間違ってしまったという解釈です。

問題を「勘違い」したことで解答を全て「勘違い」したまま解いてしまった様子を読み取ることができます。

「私が待ち合わせ時間を勘違いしたことで出発が遅れました」

私が待ち合わせした時間を間違って思い込んでしまったことで、出発が遅れましたという解釈です。

これは間違った時間を認識してしまったことで、正確な出発時間を把握せず、かなり大きな「勘違い」をしたことを理解できるでしょう。

「勘違いしないように、きちんと設問は把握しておきましょう」

間違った受け取り方をしないように、きちんと設問は把握しておきましょうという解釈です。

間違った受け取り方「勘違い」をしないように設問を読んでおくことでケアレスミスをせず対応できる様子がわかります。

「誤解」の英語

「誤解」の英語は“misunderstanding”と言い、例文をご紹介します。

“That is a misunderstanding”

「それは誤解です」という意味です。

これはよく利用することが多いので英語の表現方法として理解しておくと便利です。

上手に活用することができ、英文作成する際にもスムーズにできるようになります。

「勘違い」の英語

「勘違い」の英語は“misunderstand”で、“mis” + “understand”「誤解する」と言う動詞になります。

“I have misunderstood”

「勘違いしていた」という解釈になります。

よくこの英語豹変も活用する機会が多いので使い方など理解しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典