「誤解」と「誤認」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「誤解」と「誤認」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「誤解」「誤認」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「誤解」とは?

「誤解」とは事実や、言葉、物事などを「間違った」理解をすることを言います。

思い違いとも言います。

「誤解」は受け取る側の理解、知識、能力不足から起こることもありますし、伝える側がわかりにくい説明をする、「誤解」を招くような言い方をわざとするといったこともあります。

このような状態が起こりますと大抵、自分は悪くない、相手が悪いという思いが起こり、関係性が悪くなります。

「それは君の誤解だ」「誤解するような言い方をするな」などと、使います。

「誤認」とは?

「誤認」とは、「間違って」認めることを言います。

例えばある事を、他の事と間違える、ということが「誤認」です。

「受付が、他の人と誤認して僕は未提出扱いでひどい話だ」「誤認逮捕なんて、めったとないことです」「事実を誤認し、噂を広めるとは、迷惑な女だ」などと、使います。

「誤解」と「誤認」の違い!

「誤解」「誤認」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「間違って」起こることという共通点があります。

「誤解」「間違った理解」のことを言います。

思い違いとも言いますが、「誤解」は生活の中に沢山あふれています。

ちょっとした「誤解」から言い争い、喧嘩は起こるのです。

落ち着き、よく理解しようと努めれば日常生活から「誤解」という状態は減ることでしょう。

「誤認」は間違って「認める」ことを言います。

ある事物を、他の事物と間違えて認めるということなのですが、たわいもないことから、重大なことまで「誤認」の状態は様々あります。

使い分け方として「誤解は間違った理解、思い違い」「誤認は、本来のものとは違うものを認めてしまうこと」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「誤解」「誤認」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも、不注意、思い違いから起こることですが、意味合いが違いますので言葉の意味を正しく理解して使い分けるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典