スポンサーリンク

「誤解を解く」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「誤解を解く」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「誤解を解く」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「誤解を解く」とは?意味

誤解とは、誤った理解という意味です。

そして、解くとは筋道を正しく述べることを意味します。

さらに、絡まったものをほぐすという意味があるのですが、いずれの意味合いも誤解を解く意味を知るに相応しい解釈です。

つまり、「誤解を解く」とは、誤った認識を持つ人に対して正しく解釈してもらうために正解について説明すること。

絡まったしまったややこしい理論をほぐしつつ理解してもらうという意味になります。

悪く思われたくない一心であれこれと言い募るのは言い訳であり、誤解を解く行為とは別ものです。

「誤解を解く」の概要

誰かが誤解していると気付くことは間々ありますが、そのことについて逐一指摘したり誤りを訂正したりすることまでしないほうが多いはずです。

それは、誤解している人の誤りを指摘することで恥を掻かせてはいけないという意識が働くからです。

加えて、指摘するのは面倒と思う人もいるでしょう。

親切心から指摘しているにも関わらず、偉そうな奴だと思われるのは心外です。

ところが、自分自身について誤解されているならば、そのことについて訂正したくなるのは当然のこと。

「あなたの思っていることは誤りで、実際はこのような具合です」というように伝えることが誤解を解くという行為に相当します。

自身が誤解されている事実を知れば、そのことを訂正せずにはいられません。

このような場合に、誤解を解きたくなるのはとても自然なことであると言えます。

「誤解を解く」の言葉の使い方や使われ方

『今回の事態について、皆さんの誤解を解く場を設けていただきたい』 このように誤った認識を正しく述べさせて欲しいというような場面で使われます。

誤解とは事実の認識を指す言葉なので、単に問題の解答が間違っているから訂正することと同じではありません。

「誤解を解く」の類語や言いかえ

似た意味を持つ言葉には「思い込みを解く」「誤解を解消する」などが挙げられます。

また、誤解が解ければ全てがクリアになるという意味で、「真意が伝わる」と言いかえても不自然ではありません。

その場合、前記の文章は『今回の事態について、皆さんへ真意を伝える場を設けていただきたい』となります。

「思い込みを解く」「誤解を解消する」に置き換えても同じ意図として伝わります。

申し開きを意味する弁明や釈明もとてもよく似た意味で、言いかえの際に便利に使える言葉ですが、少々硬い言い回しになるため日常会話としては使用頻度が下がります。

まとめ

人から誤解された事実を承知している状態でいることは辛く、そのまま耐え忍ぶことはとても厳しいものです。

少しでも早く誤解を解きたいと思うことでしょう。

誤解を解く近道は、事実を分かりやすく伝えることです。

言い訳は見苦しく、更なる誤解を生む結果にも繋がりやすいため気を付けましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典