スポンサーリンク

「読む」と「読み取る」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「読む」と「読み取る」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「読む」「読み取る」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「読む」とは?

「読む」には数多くの意味があり、主に8つの意味で使われています。

1つめは、文字で書かれたものを一文一字声に出すことです。

子どもに絵本を読むなどの使い方をします。

2つめは、文字・文章・図などを見て、内容や意味を理解することです。

3つめは、外側を見て、隠された意味や将来を推測することです。

4つめは、漢字を訓読することです。

5つめは、詩歌を作ることで、普通「詠む」の漢字を使用します。

6つめは、数をかぞえることです。

さばをよむのように使用します。

7つめは、囲碁や将棋で先の手を考えることです。

8つめは、講釈師が演じることです。

一席よむのように使用します。

「読み取る」とは?

「読み取る」には、3つの意味があります。

1つめは、文章などを読んで意味や趣旨を理解することです。

2つめは、外側からその意味を推測して理解することです。

3つめは、コンピューターなどの機器が文字や記号を判断することです。

バーコードを読み取るなどのように使用します。

「読む」と「読み取る」の違い

「読む」「読み取る」では、共通する意味があります。

共通する意味は、文章などを見て内容や意味を理解すること、外側を見て隠された意味や将来を推測することというものです。

「読む」には非常に多くの意味があります。

「読み取る」「読む」と異なる点は、「理解する」「判断する」という意味が含まれている点です。

まとめ

「読む」「読み取る」では、共通する意味がありますが、「読む」には「読み取る」にはない数多くの意味があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典