スポンサーリンク

「課題を克服する」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「課題を克服する」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、慣用句の「課題を克服する」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「課題を克服する」とは?意味

「課題を克服する」の読みは「かだいをこくふくする」で、「与えられた特定の題目や問題を努力して解決すること」「解決しなければならない問題や、果たすべき役割や任務を努力して、解決したり乗り越えること」を意味する言葉です。

「課題を克服する」の概要

「課題を克服する」の慣用句を構成する「課題」「克服する」の二つの言葉に分解して、その意味を少し詳しく説明したいと思います。

まず「課題」には「与えられた特定の題目や問題」の意味と「解決しなければならない問題や、そこから転じた、果たすべき役割や任務」と言う二つの意味があります。

ちなみに「課題」に似た言葉に、「問題」がありますが、この違いについて触れておきます。

「問題」は現状があるべき状態ではないことの事実や要因を指す言葉であるのに対し、「課題」は、あるべき状態と現状とのギャップを埋めるための、行動や取り組みを指すニュアンスのある言葉で、全くの同義語ではない点、注意が必要です。

一方の「克服する」とは「努力して困難にうちかつこと」を意味する言葉です。

以上、説明した「課題」の二つの意味と、「克服する」の意味をつなげると、「課題を克服する」「与えられた特定の題目や問題を努力して解決すること」「解決しなければならない問題や、そこから転じた、果たすべき役割や任務を努力してうちかつこと」の意味になるのです。

一つ目の意味では、苦手克服や、色々な癖を直したり、学生が与えられた難しい題目のレポートを作成すると言ったシーンで使われます。

また二つ目の意味では、会社が危機脱出や成長のために、乗り越えなければならない難題を克服するや、社員が与えられた初めての大きな役割を達成すると言ったシーンで使われることが多いと言えます。

この慣用句の「課題を克服する」は、ビジネスの場でもしばしば使われ言葉で、しっかり覚えておかれると良いでしょう。

「課題を克服する」の言葉の使い方や使われ方

「課題を克服する」の言葉は、以下の例文のように使われます。

・『小学生のA君には遅刻癖があり、先生が諦めすに指導し続けたことで、課題を克服することが出来ました』
・『経営が行き詰まらぬ前に、会社の課題を抽出し、その課題を克服する策の議論を始めた』
・『私は荷の重い役割を与えられましたが、死ぬ気で取り組み、その課題を克服する事が出来ました』

「課題を克服する」の類語や言い換え

「課題」の類語としては「重要問題」「使命」「試練」などが挙げられます。

また「克服する」の類語としては、「乗り越える」「打ち勝つ」「乗りきる」などが挙げられます。

従って、「課題を克服する」の言葉は、そのシーンに応じて、語呂を考えてそれぞれの類語を選んで語組み合わせて、「重要問題を乗り越える」「使命を乗りきる」「試練に打ち勝つ」などと、言い換えることが出来ます。

まとめ

「課題を克服する」とは、「与えられた特定の題目や問題を努力して解決すること」「解決しなければならない問題や、果たすべき役割や任務を努力して、解決したり乗り越えること」を意味する慣用句です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典